ホーム | 日系社会ニュース | 男子小学生に強制猥褻の疑い=日本人学校補助職員を現行犯逮捕

男子小学生に強制猥褻の疑い=日本人学校補助職員を現行犯逮捕

事件を報じるジョルナル・ダ・レジオン紙サイト

事件を報じるジョルナル・ダ・レジオン紙サイト

 聖州イトゥペーヴァ市内の水上公園で男子小学生12人を引率していたルーカス・アウヴェス容疑者(28、非日系)が、そのうちの男子生徒(11歳)に対して猥褻な行為をしたとして20日、現行犯逮捕された。ジョルナル・デ・ジュンジャイーなど現地紙やラジオなど複数のメディアが報じている。
 進出企業の駐在員子弟が多く通うサンパウロ日本人学校で、現地理解の補助教員を4年前から務めていたルーカス容疑者だが、今回の事件は同校行事とまったく無関係。引率児童も「アジア系」「ポ語ができない」と描写されているが、どこの生徒かは不明。
 犯行現場は水上公園「ウェトゥン・ウィルド」。現地紙によれば、ルーカス容疑者は同園内の食の広場で公然と、男子生徒の手を無理やり自身の体に水着の上から触らせる行為を試みるなど、4分間に及んで猥褻な行為が行われという。それを見た複数のプール利用客や施設職員が通報した。
 現場に向かった軍警第11師団の軍曹が現行犯で逮捕。現在、ルーカス容疑者はカンポ・リンポ市内の留置所に拘留されている。21日に行われた事情聴取で、同容疑者は少年愛による行為を否定。だが、荷物検査では避妊具9個、ローション3個が発見された。容疑者はサンパウロ州立総合大学(USP)日本語学科卒。6カ国語を操る秀才だったという。
 同校関係者によれば、ルーカス容疑者は22日、今週月曜から欠勤しており、「驚き戸惑っている。日頃の行動からすれば、新聞にある容疑者の姿と全く重ならない。子供からも親しまれ、生真面目な好青年だった。残念だとしか言いようがない」と肩を落とした。
 ルーカス容疑者は校外でも日本語関係の行事に広く関っており、日語教育関係者にも動揺が広がっている。


□関連コラム□大耳小耳

 日系コレジオで日語教師をしている匿名女性は、「ルーカス容疑者の知り合いですが、いつも色々な日語のイベントで手伝いをしており、とても真面目で一生懸命に仕事をする人で、日語教育の関係者ではよく知られている人でした。それだけにショックは大きく、日本語教育界にも動揺が広がっています」とのこと。日本国内でも教師の猥褻行為が問題となっており、調査開始された77年以降から件数は増え続け、16年には全国で226人が猥褻行為で懲戒処分などを受けているとか。「何かの間違いでは」などと、まだ事件の真相が判らず混乱した様子。とはいえ起きてしまったのであれば、仕方がない。彼を採用した学校側には説明責任があるはず。子供を信頼して預けている保護者のためにもきちんと現状説明をし、責任を果たして欲しいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ