ホーム | ブラジル国内ニュース | 英国エコノミスト誌=「社会保障制度改革への猶予は1年」と新政権に注文

英国エコノミスト誌=「社会保障制度改革への猶予は1年」と新政権に注文

 英国誌「エコノミスト」は、「ブラジルで来年発足する新政権が社会保障制度改革を実行するまでの猶予は1年だ。もし1年以内に実行できなければ、ブラジル投資の気運は一気に下がるだろう」との報告書を作成したと、24日付ブラジル現地紙が報じた。
 同誌は、28日の大統領選決選投票において、ジャイール・ボルソナロ候補(自由社会党・PSL)の当選が濃厚と見ている。ボルソナロ候補への評価は、「28年間も連邦下議を務めたが、16年の大統領罷免投票の際、ジウマ前大統領を拷問したウストラ将軍の名を出し、大顰蹙を買うまで、目立ったところはなかった」と厳しい。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ