ホーム | ブラジル国内ニュース | 英国エコノミスト誌=「社会保障制度改革への猶予は1年」と新政権に注文

英国エコノミスト誌=「社会保障制度改革への猶予は1年」と新政権に注文

 英国誌「エコノミスト」は、「ブラジルで来年発足する新政権が社会保障制度改革を実行するまでの猶予は1年だ。もし1年以内に実行できなければ、ブラジル投資の気運は一気に下がるだろう」との報告書を作成したと、24日付ブラジル現地紙が報じた。
 同誌は、28日の大統領選決選投票において、ジャイール・ボウソナロ候補(自由社会党・PSL)の当選が濃厚と見ている。ボウソナロ候補への評価は、「28年間も連邦下議を務めたが、16年の大統領罷免投票の際、ジウマ前大統領を拷問したウストラ将軍の名を出し、大顰蹙を買うまで、目立ったところはなかった」と厳しい。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 聖市=レジ袋の課金再開される=対応分かれる店と消費者2015年7月15日 聖市=レジ袋の課金再開される=対応分かれる店と消費者  聖州スーパーマーケット協会(Apas)と聖州消費者保護センター(Procon―SP)の間での、買い物客1人あたり2枚までのレジ袋無料配布を認める合意が10日に失効し、カレフール、ポン・デ・アスーカル、エストラなどの大手小売店も13日からは課金しはじめたと13、14日付エス […]
  • 違法コピー商品街に溢れ=警備の軟化で露天商増大2015年4月9日 違法コピー商品街に溢れ=警備の軟化で露天商増大  聖市では無許可で違法コピー商品を売る露天商が再び増えていると8日付のフォーリャ紙が報じている。自撮り棒からパラグアイ産タバコまで、市内各地で露天商は悠々と商売に励んでいる。 これは、ジルベルト・カサビ市長(06~13年、民主党・DEM、現在は民主社会党・PSD)の時始まり […]
  • 《ブラジル》公共事業の民間委託問題=新政権に難題引き継がれる=52の計画が入札もまだ2018年10月19日 《ブラジル》公共事業の民間委託問題=新政権に難題引き継がれる=52の計画が入札もまだ  新大統領が決まる28日の決選投票を10日後に控えた18日、ブラジル現地紙が「新政権は現テメル政権から少なくとも52の公共事業民間委託計画を引き継ぐ」と題する記事を掲載した。  同紙は、現政権が企画した計画中、少なくとも52は来年以降の入札となり、52件の事業で落札企 […]
  • 一次投票の結果に市場好感=議席バランスで改革容易に?=株式5%弱上昇、ドル下落2018年10月10日 一次投票の結果に市場好感=議席バランスで改革容易に?=株式5%弱上昇、ドル下落  7日の統一選一次投票で、ジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)がフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)に16・5%ポイントの差をつけた事や、PSLが連邦議会で議席数を増やした事に、8日の市場が好感を示したと9日付現地紙が報じた。  サンパウロ平均株式指数( […]
  • 《ブラジル》選挙後の経済の行方は?=2人の専門家が懸念表明=議会の支援を得られるか2018年10月5日 《ブラジル》選挙後の経済の行方は?=2人の専門家が懸念表明=議会の支援を得られるか  大統領選の世論調査では、ジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)とフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)が1、2位を争っているが、経済の専門家2人が、この2人のどちらが当選しても、経済の先行きに不安を感じている事を明らかにした。  4日付エスタード紙は先ず、 […]