ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》軍グループが引継作業担当者の半分求める=すでに25人のリスト提出=判断は新官房長官次第=気になる省庁の行方は?

《ブラジル》軍グループが引継作業担当者の半分求める=すでに25人のリスト提出=判断は新官房長官次第=気になる省庁の行方は?

オニキス氏(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

オニキス氏(Marcelo Camargo/Agência Brasil)

 ジャイール・ボウソナロ次期大統領(社会自由党・PSL)が現政権との引継作業をはじめるにあたり、国防相予定の退役軍人アウグスト・エレーノ氏ややはり退役軍人のオズワルド・フェレイラ氏が率いる軍関係者らのグループが、引継担当者全50人中、半分にあたる25人分のリストを提出していることがわかった。30日付エスタード紙が報じている。

 エレーノ氏は一時、ボウソナロ氏の副候補に指名される直前まで行ったほどで、次期大統領とは深い仲だ。新政権でも、国防相就任がすでに公表されている。同氏はフェレイラ氏と共に、「ブラジリア・グループ」という軍人のグループを作って、ボウソナロ氏を支援してきた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ