ホーム | 文芸 | 連載小説 | 私のシベリア抑留記=谷口 範之 | 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(70)

自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(70)

 夕方握り飯を二個支給され、隊列を組んで緩い坂を上がったところに駅があった。ここで東さんと惜別する。彼は別の車輌に乗車することになったのだ。一旦田舎の父母の下に帰り、善後策を考えるということだった。
 保坂さんと戦友二人の四人が、向かい合って腰をかけた。鳥栖駅で愛国婦人会の襷をかけたご婦人たちから、ご苦労様でした。ご無事のご帰還おめでとうございます、と声をかけて頂き、熱いお茶の接待を受けた。ここでも胸に熱いものがこみあげてきた。
 下関を過ぎる頃から列車内は一般客に入れ替わって、車内の復員兵はまばらになった。朝日が昇った頃、岩国駅に着く。車内では気持が昂ぶって、一睡もできなかった。プラットホームに駅弁売りの声が響いた。各人一個づつ求め、値段を尋ねると一二〇円という。
 あまりの高値に驚いたが、空腹には勝てなかった。初めてインフレとはこのことかと実感した。弁当一個の値段が、入営前の給料の二倍半とは、想像すらできない現象だった。
 列車は宮島口を過ぎ、廿日市駅、五日市駅と各駅停車しながら故郷西広島駅に着く。食い入るように見つめる瞳に、なつかしい己斐の町並みが映る。壁が抜け落ちたままの住宅が、散見されるものの南風崎で聞いた惨状は見当たらない。
 しかし、遂に来なかった両親からの返信電報を思うと、停車した駅への下車がためらわれた。迷っているうちに発車した。中隊こそ違っていたが、戦闘、抑留を通じて生死を共にした保坂さんが、
「よかったら茨城の俺のところに来ないか。それから落ち着いて両親の安否を確かめることもできるよ。百姓だが落花生なんかよくできるんだ」
 と、いってくれた。
 横川駅を過ぎ、広島駅に着いた。そこでやっと、決心がついた。
 「保坂さん、いろいろと世話になったな。両親が死んでいたら供養を済まして、あんたを尋ねていくよ。元気でな」
 そう言いい終わって降りた時、発車ベルがなりひびいた。市内電車に乗る。乗客の服装など見渡したが、戦前のおぼえている様子とかわらないようだ。傍の乗客が数人、私からさりげなく離れた。着衣にしみ付いた異臭のせいらしい。無理もない。二年も洗濯しなかったのだから耐え難い悪臭に違いない。離れた人たちを咎める気持にもなれなかった。
 終点己斐駅に着いた。駅付近から観光道路あたりは凄い群集である。群集を抜け出し、観光橋を渡ると、下り坂が終わる左側に、出征前の我が家が見えた。遠目に様子が変わっている。夢中で歩いて来たので周囲の家並みは目に入らなかった。その時初めて落ち着いて辺りを見回した。出征した時のままのたたずまいがあった。
 我が家は気の効いた喫茶店に様変わりしていた。扉を押して中に入ると、見知らぬ男が出てきた。心を落ち着けて訊ねた。
「ああ、年寄り夫婦はあの小路を入った辺りに引っ越して行ったよ。この家は半分壊れて住めなくなっていたからねえ」
 両親の引越し先はすぐに捜し当てた。小さな家だった。昂ぶる気持を押え玄関口にたった。錠がかかっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(72)2018年11月2日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(72)  彼は私が遠いブラジルからわざわざシベリア墓参に参加したのは、同時にあの当時の仕返しをするためではないかと勘繰り、絶えず私の動向を見守っていたのだ。だから訊ねもしないのに小之原が死んだことや、モルドイ村からノーバヤに移った後は、将校も部下と同じように働いたんだと、喋った。そして […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(69)2018年10月30日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(69)  灯りの向こうの暗闇に故郷の山川があらわれて、よくぞ生きて帰ってきたと、語りかけてくるようであった。真冬の日本海上、灯りが見えなくなるまで佇ちつくしていた。吹きつける寒風を暖かく感じながらー。  生涯を通じ、これほど強烈な感動を覚えたことはない。   二五、遂に故国の大地を […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(71)2018年11月1日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(71)  私はあの夢と同じように、裏へ回って勝手口の戸を開けた。台所の板の間に両親は並んで行儀よく座り、私の帰りを予期していたかのように私を見つめた。二年の間に、すっかり老いてしまった両親の頬に涙が流れた。   夢で見たとおりであった。  夢では母は私の好物の特大の厚焼卵を作ってく […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(67)2018年10月25日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(67) 「先程の質問にたいしては、資料がなくて答えられない。しかし増産態勢にあることは確実である。明日要求にあった鉛筆とノートを用意する」  上級将校は鮮やかな日本語で説明し、私に向かって微笑して去った。翌日、一本を三分の一に切った鉛筆と、ザラ紙半分が各自に支給された。  あの時深 […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(68)2018年10月26日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(68)  ソ連軍将校の中には日本語を私たちより上手に話すものがいる。彼もその一人で連れの将校も、理路整然と語った。東さんがみんなを見回して言った。 「俺たちが生きて帰ってこそ、死んだ戦友たちの霊も浮ばれると思うが、みんなどうだ」  全員黙ってうなずいた。しかし翌日私たちは第一船から […]