ホーム | 文芸 | 連載小説 | 私のシベリア抑留記=谷口 範之 | 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(70)

自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(70)

 夕方握り飯を二個支給され、隊列を組んで緩い坂を上がったところに駅があった。ここで東さんと惜別する。彼は別の車輌に乗車することになったのだ。一旦田舎の父母の下に帰り、善後策を考えるということだった。
 保坂さんと戦友二人の四人が、向かい合って腰をかけた。鳥栖駅で愛国婦人会の襷をかけたご婦人たちから、ご苦労様でした。ご無事のご帰還おめでとうございます、と声をかけて頂き、熱いお茶の接待を受けた。ここでも胸に熱いものがこみあげてきた。
 下関を過ぎる頃から列車内は一般客に入れ替わって、車内の復員兵はまばらになった。朝日が昇った頃、岩国駅に着く。車内では気持が昂ぶって、一睡もできなかった。プラットホームに駅弁売りの声が響いた。各人一個づつ求め、値段を尋ねると一二〇円という。
 あまりの高値に驚いたが、空腹には勝てなかった。初めてインフレとはこのことかと実感した。弁当一個の値段が、入営前の給料の二倍半とは、想像すらできない現象だった。
 列車は宮島口を過ぎ、廿日市駅、五日市駅と各駅停車しながら故郷西広島駅に着く。食い入るように見つめる瞳に、なつかしい己斐の町並みが映る。壁が抜け落ちたままの住宅が、散見されるものの南風崎で聞いた惨状は見当たらない。
 しかし、遂に来なかった両親からの返信電報を思うと、停車した駅への下車がためらわれた。迷っているうちに発車した。中隊こそ違っていたが、戦闘、抑留を通じて生死を共にした保坂さんが、
「よかったら茨城の俺のところに来ないか。それから落ち着いて両親の安否を確かめることもできるよ。百姓だが落花生なんかよくできるんだ」
 と、いってくれた。
 横川駅を過ぎ、広島駅に着いた。そこでやっと、決心がついた。
 「保坂さん、いろいろと世話になったな。両親が死んでいたら供養を済まして、あんたを尋ねていくよ。元気でな」
 そう言いい終わって降りた時、発車ベルがなりひびいた。市内電車に乗る。乗客の服装など見渡したが、戦前のおぼえている様子とかわらないようだ。傍の乗客が数人、私からさりげなく離れた。着衣にしみ付いた異臭のせいらしい。無理もない。二年も洗濯しなかったのだから耐え難い悪臭に違いない。離れた人たちを咎める気持にもなれなかった。
 終点己斐駅に着いた。駅付近から観光道路あたりは凄い群集である。群集を抜け出し、観光橋を渡ると、下り坂が終わる左側に、出征前の我が家が見えた。遠目に様子が変わっている。夢中で歩いて来たので周囲の家並みは目に入らなかった。その時初めて落ち着いて辺りを見回した。出征した時のままのたたずまいがあった。
 我が家は気の効いた喫茶店に様変わりしていた。扉を押して中に入ると、見知らぬ男が出てきた。心を落ち着けて訊ねた。
「ああ、年寄り夫婦はあの小路を入った辺りに引っ越して行ったよ。この家は半分壊れて住めなくなっていたからねえ」
 両親の引越し先はすぐに捜し当てた。小さな家だった。昂ぶる気持を押え玄関口にたった。錠がかかっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2011年3月10日 東西南北 ニッケイ新聞 2011年3月10日付け […]
  • 《ブラジル連邦直轄区》8歳の娘の前で妻刺殺=8月だけで4件目の女性殺人2018年8月28日 《ブラジル連邦直轄区》8歳の娘の前で妻刺殺=8月だけで4件目の女性殺人  ブラジリア市ファゼンジーニャ区で26日夜、44歳の女性が8歳の娘の面前で夫に刺殺される事件が起きた。  友人によると、殺されたマリア・レジナ・アラウージョさんは離縁を考えていたが、夫のエドゥアルド・ゴンサウヴェス・デ・ソウザ容疑者はそれを受け入れられず、アラウージョさんを脅 […]
  • 路上強盗に盗られたおかげで…2015年9月10日 路上強盗に盗られたおかげで…  3週間前、路上強盗に携帯電話やカメラを盗られ、勤務時間以外はインターネットのない生活が続いている。世の中では〃ネット中毒〃と呼ばれる人が増え、オーリャ子も気がつけば数時間以上やりっぱなしという生活だった。 「ネットがなくなって耐え切れない」かと思ったら、むしろ逆だった。あれほ […]
  • コラム オーリャ!2010年4月23日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2010年4月23日付け  昨月末に移転した福祉センターで、初となるサンパウロ日伯援護協会の理事会が開かれた。  司会の坂和三郎副会長が冗談交じりに「国会みたいですが…」と話すように、机にはマイクが据え付けられている。 […]
  • ビラ・カロン沖縄支部=創立60周年記念誌を発刊=「次世代に先人の遺産を!」=二、三世が中心に編纂2019年2月21日 ビラ・カロン沖縄支部=創立60周年記念誌を発刊=「次世代に先人の遺産を!」=二、三世が中心に編纂  「次世代の若者に歴史の遺産を」――今月17日、サンパウロ市のビラ・カロン沖縄県人会支部(照屋武吉会長)は『創立60周年記念誌』の発刊式を同会館で催した。記念誌刊行は創立20周年、50周年に続く3回目。10人からなる記念誌編纂委員会が2年がかりで完成させた大作で、二、三 […]