ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》サルからもジカ熱ウイルス=野生型感染拡大の可能性は?

《ブラジル》サルからもジカ熱ウイルス=野生型感染拡大の可能性は?

野生のサルがジカ熱ウイルスを保持し始めた?(参考映像、Arquivo/Fábio  Massalli/Agência  Brasil)

野生のサルがジカ熱ウイルスを保持し始めた?(参考映像、Arquivo/Fábio Massalli/Agência Brasil)

 ブラジルや米国の研究者がサンパウロ州調査研究支援機関(Fapesp、財団)の支援で行った研究で、サンパウロ州やミナス・ジェライス州で死亡したサルの一部がジカ熱ウイルスに感染していた事が判明したと10月30日付アジェンシア・ブラジル、G1サイトなどが報じた。
 研究者達が扱ったサルの死体は、黄熱病流行が騒がれた際、黄熱病を媒介すると誤解した住民が射殺または殴殺したものや、犬にかみ殺されたものだ。死体回収時期は2017年前半で、聖州サンジョゼ・ド・リオ・プレットとミナス州ベロ・オリゾンテで回収した80の他殺体中、3割はジカ熱に感染していたという。黄熱病感染はゼロだった。同地域ではジカ熱ウイルスに感染した蚊も回収されており、そのウイルスは、ジカ熱に感染した人達から検出されたものと同型だった。
 研究者によると、研究対象としたのはサギまたはミコと呼ばれる種類のサルの他殺体だ。これらのサルは敏捷で、捕獲が困難だが、実験的に健康なサルをウイルスに感染させると、体が弱り、動きが緩慢になった。
 研究者達は、調査した他殺体は、ジカ熱にかかり、弱ったために容易に捕まり、殺されたと見ている。黄熱病に感染したサルは死ぬが、ジカ熱では死なずに回復する。ブラジルでは、セアラー州でジカ熱ウイルスに感染した野生のサルが発見された例があるが、南東部での発見は初めてだ。
 2015年以降に確認されたブラジルでのジカ熱患者は皆、ネッタイシマカが媒介する市街地型だったが、サンパウロ州やミナス州の野生のサルからもジカ熱ウイルスが発見された事は、ヤブカなどが媒介する野生型の感染も起こりうる事を示唆する。
 研究者達は、都市周辺部で起きた野性のサルへの感染の実態や、同様の感染が内陸部にある農村や森林地帯でも起きているかを調べ、感染した野生のサルを刺した蚊により、人間への感染や野生型の流行が起こる可能性の有無などを探る。野生型感染の可能性がある事が判明すれば、ジカ熱撲滅がこれまで以上に困難になるのは明らかだ。
 なお、2016年から始まった黄熱病流行による死者は、今年3月までの時点で676人、感染者数は2千人を超えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州で新たな黄熱病の死者=リオは予防接種キャンペーン2018年11月7日 サンパウロ州で新たな黄熱病の死者=リオは予防接種キャンペーン  サンパウロ州で黄熱病による新たな死者が確認された事を受け、同州保健局が5日、海岸部に旅行する人は10日以上前に黄熱病の予防接種を受けるようにとの勧告を出したと同日付G1サイトなどが報じた。  パライバ渓谷クーニャ市に住んでいた26歳の男性の死因が黄熱病であった事が確 […]
  • 《ブラジル》小頭症児の死亡率は3倍=北東部の対応施設増加なし2018年10月16日 《ブラジル》小頭症児の死亡率は3倍=北東部の対応施設増加なし  妊娠中にジカ熱に感染した妊婦から生まれた子供に小頭症が多発している事が指摘され、保健省が両者の関係を正式に認定してから3年足らず。その小頭症児の死亡率は、健常児の3倍に及ぶと15日付現地紙が報じた。  15年11月から今年7月までに確認された、ジカ熱感染が理由で発症 […]
  • 《ブラジル》蚊が媒介する病気に注意=ミナスとリオは流行状態2019年4月26日 《ブラジル》蚊が媒介する病気に注意=ミナスとリオは流行状態  暦の上では秋のブラジルだが、気温が高く、雨も多いため、蚊が媒介する病気が急増中だ。ここ数日の報道で目立つのは、ミナス・ジェライス州でのデング熱とリオ州でのチクングニア熱だ。  23日付G1サイトなどによると、ミナス州では、第1四半期のデング熱患者(真性患者と擬似症患 […]
  • 《ブラジル・アクレ州》州都でデング熱が急増=緊急事態宣言発令で、蚊の繁殖防止活動を強化2019年2月21日 《ブラジル・アクレ州》州都でデング熱が急増=緊急事態宣言発令で、蚊の繁殖防止活動を強化  1月1日から26日までに、一千件を超すデング熱発症の疑われる症例が発生したブラジル北部アクレ州の州都リオ・ブランコは、180日間を期限とする緊急事態宣言を発令したと、20日付ニュースサイトG1が報じた。  蚊の集団発生は90%が住宅内や空き地で起きている。20日付ア […]
  • ネッタイシマカに要注意!=半数の市で病気蔓延の危険2018年12月14日 ネッタイシマカに要注意!=半数の市で病気蔓延の危険  保健省が12日、デング熱やジカ熱、チクングニア熱の流行や蔓延に警戒すべき市が47・5%に上るとの調査結果を発表したと同日付現地紙サイトが報じた。  これらの病気は皆、ネッタイシマカ(Aedes […]