ホーム | 文芸 | 連載小説 | 私のシベリア抑留記=谷口 範之 | 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(71)

自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(71)

 私はあの夢と同じように、裏へ回って勝手口の戸を開けた。台所の板の間に両親は並んで行儀よく座り、私の帰りを予期していたかのように私を見つめた。二年の間に、すっかり老いてしまった両親の頬に涙が流れた。 
 夢で見たとおりであった。
 夢では母は私の好物の特大の厚焼卵を作ってくれた。現実では釜一杯に白米を炊き存分に食べさせてくれた。シベリアに抑留中、私を支えてくれた夢の全てが、正夢となって終わった。
 満州国興安北省、大興安嶺イレクト地区における一五〇〇名の戦死者及びシベリア、チタ州海抜三〇〇〇メートルのソションド山脈の三ラーゲリ、帰還途中で病没した七五〇名、合計二二五〇名の霊に対し、心より冥福を祈り、遥かなるシベリアの空に、熱い思いを馳せながらペンを擱く。 合掌


  後 書

(一)四七年後の将校グループの一人について
  
 一九四六年五月末に、ラーゲリを脱出するまで私は将校グループを許さなかったし、反抗の姿勢を崩さなかった。脱出後、将校グループと接触が切れると彼らに対する憎悪は次第に薄れ、帰還後はあんなことがあったなと、たまに思い出す程度であった。
 あれから四七年目に、ラーゲリ跡へ墓参に行った時、同行七名の抑留経験者の中にモルドイ村にいたものが、私以外に三人もいた。 歩兵中隊の田端博と通訳であった黒田敏明と将校グループの一員であった見習い士官の大園次男である。
 三人とも見覚えがあり、彼らも私を覚えていた。(田端とは同年であったからラーゲリのことを、何かにつけてよく話し合ったし、黒田は他の二箇所のラーゲリへよく派遣されていたから、話題は豊富であった。大園は食料を横領した上、遊び暮らして部下を見殺しにしたことや、食缶事件で小之原が私に制裁を加えたのち、追い討ちをかけるように私に謀殺を仕掛けたことなどが、将校グループの一員としての負目を、心の片隅に燻らしている様子がみてとれた。
 彼は私を意識して、田端や黒田のように打ち解けようとしなかったが、二度ほど私に話しかけてきた。最初に 「小之原は熊本県の地方新聞社の記者をしていたが昭和三五年ごろ死んだよ。 それからわしらも四六年八月にノーバヤに移動し、みんなと同じように働いたんだ」 であったが、私は黙殺した。
 新潟空港に帰着し、ロビーでお別れの挨拶を交わした後、大園が傍に寄ってきて言った。
「今夜新潟に一泊する予定だったんだ。高松市を発つ前に調べたところ、シベリアからここに着き、その日のうちに高松へ飛ぶ便はないということだった。だから翌日の便で帰るつもりで、部下に××ホテルを予約させておいた。だが今飛行機の便を訊ねると、三〇分後に飛ぶ便があるというから、それで帰ることにした。ホテルの予約をキャンセルしないでおくから、わたしの代わりに泊まってくれ。会社からホテル代を払いこんでいるはずだが、それは君にプレゼントするよ」
 と、こうである。
「ご好意有難う」
 と、礼を言って分かれた後、そのホテルに電話を入れて確かめた。彼が言った予約もホテル代の振込みも、何一つしていなかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ≪サンパウロ州≫ドリア知事がコロナ感染=症状はなく、自宅業務へ2020年8月13日 ≪サンパウロ州≫ドリア知事がコロナ感染=症状はなく、自宅業務へ  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)は12日、コロナウイルスに感染したことを自ら公表した。12日付現地サイトが報じている。  この日、動画で声明を行ったドリア知事の話によると、症状はなく、健康な状態にあるという。  同知事は62歳でハイ・リスクのグル […]
  • 日本祭り・郷土食ブース=(上)=44県が地元特産品をPR=経費高騰にもめげず奮闘2015年7月28日 日本祭り・郷土食ブース=(上)=44県が地元特産品をPR=経費高騰にもめげず奮闘  日本祭りの目玉の一つでもある、各県人会による郷土食。今年は3県(茨城、京都、島根)を除く44県人会が参加した。会場改修に伴う出店料の値上がりに加え、換気扇の設置義務や光熱費といった負担が増える中、地元・特産品をモチーフにした手作り食品を販売した。本紙編集部が取材した郷土食 […]
  • IMF、ブラジルに警告=財政黒字達成求める2003年9月19日 IMF、ブラジルに警告=財政黒字達成求める 9月19日(金)  【エスタード・デ・サンパウロ紙十八日】アラブ首長国連邦のドバイで国際通貨基金(IMF)は十七日朝、半期ごとに発表される報告書「世界経済の見通し」を発表した。 […]
  • 総領事館=査証担当に港領事=林さんは17日に帰国2006年4月11日 総領事館=査証担当に港領事=林さんは17日に帰国 2006年4月11日(火)  サンパウロ総領事館の林英二・査証担当領事(54)が離任あいさつのため七日来社、人事交替の報告も行った。 […]
  • コラム 樹海2011年2月18日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2011年2月18日付け […]