ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》経済基本金利(Selic)=5回連続で、年利6.5%で据え置き

《ブラジル》経済基本金利(Selic)=5回連続で、年利6.5%で据え置き

 ブラジル中銀は10月30、31日に行われた通貨政策委員会(Copom)で、経済基本金利(Selic)を年利6・5%に据え置く事を決めたと、1日付現地各紙が報じた。
 今回は、ボウソナロ氏が次期大統領に当選してから初のCopomだった。中銀はこれで、3月以降、5会合連続で据え置きを決めた事になる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル株=大統領の疑惑発覚でストップ安=8年半ぶりの取引一時停止も2017年5月19日 ブラジル株=大統領の疑惑発覚でストップ安=8年半ぶりの取引一時停止も  食肉大手JBS社共同経営者のジョエズレイ・バチスタ氏が、ミシェル・テメル大統領がエドゥアルド・クーニャ被告に口止め料を払うことを容認していたと、会話の録音付きで明かしたことは、ブラジル経済にも甚大な影響を与えたと、18日付現地サイトが報じた。  サンパウロ市平均株価指数(I […]
  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • ブラジル貿易黒字361億ドルに=不況による輸入減が主因2016年10月5日 ブラジル貿易黒字361億ドルに=不況による輸入減が主因  ブラジル産業貿易サービス省は3日、今年1月から9月末日までのブラジルの貿易収支は、輸出総額1393億ドル、輸入総額1031億ドルで、361億7千万ドルの黒字に達したと発表したと3日付現地サイトが報じた。  9月単独の貿易黒字は38億300万ドルで、41億4千万ドルだった8月 […]
  • リオ市が五輪の収支報告=国内外の観光客117万人=ジカ熱やテロへの懸念払拭2016年8月24日 リオ市が五輪の収支報告=国内外の観光客117万人=ジカ熱やテロへの懸念払拭  リオ市のエドゥアルド・パエス市長が23日、エリゼウ・パジーリャ官房長官、ロドリゴ・ヴィエイラ同市交通局長と共に今大会の収支報告を行ったと同日付G1サイトが報じた。  それによると、五輪期間中にリオ市を訪れた観光客は117万人で、内47万人が外国人だったという。外国人観光客の […]
  • 大豆の輸出量減、国内需要増=他の生産物は回復の兆し2016年8月24日 大豆の輸出量減、国内需要増=他の生産物は回復の兆し  8月は大豆の輸出量が減り、トウモロコシや砂糖、コーヒーの輸出量が増えている。  大豆の場合、8月はじめの15営業日の実績から見た輸出量は大幅に落ち込み、400万トン程度で終わりそうだ。直近4カ月の大豆の平均輸出量は8400万トンで、4月の輸出量は1千万トンに達していた。 […]