ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ジャイール・ボウソナロ氏はカトリック信者だが、4日朝は妻のミシェレ氏が通うリオ市の福音派教会「バチスタ・アチトゥーデ教会」の礼拝に参加。ジョズエー・ヴァランドロ・ジュニオル牧師から祝福の言葉を受けた際は、思わず涙を流す光景も見られた。ボウソナロ氏は壇上で「大きな政党の力もテレビでの政見放送の時間もなく、マスコミからは批判されてばかりの私が大統領に当選できたのは神の御旨だと思っている」と語り、「〃すべて〃の人のための大統領になる」と誓った。その言葉が「福音派教会にいるような人すべて」でなく、文字通り、少数派も含む、「国民全て」のことであることを祈りたいところ。
     ◎
 サンパウロ市極南部で1日、タクシー・サービス、ウーベルの運転手(24)が軍警に頭部を撃たれ、殺害される事件があった。この運転手は同日午後4時20分頃、隣人の車でジャルジン・サンルイスの修理工場に行ったが、軍警車両が近づき、車が並んだと思ったら、軍警の1人が銃を発射。運転手は頭を撃たれて即死した。軍警は未亡人に、「被害者が持っていた携帯電話を武器と誤認した」と説明したが、市警では発砲は手違いの事故だったと釈明したという。過ちで相手の頭を撃てるものなのか?
     ◎
 4日、サンパウロ市モルンビ・スタジアムでサンパウロFCの試合が行われ、同チームの応援者たちが、新しい最寄駅「サンパウロ/モルンビ駅」を初めて使用する機会となった。これまでは、近くにバス停があるだけで、近隣の駐車場が常に満杯になることで有名だった。これを機に、そうした問題も解消されれば。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月5日 東西南北  3日のSBT局でのインタビューで、ボウソナロ大統領は、かねてから1月中に発すると噂されている銃に関する大統領令では、銃の所有だけでなく、銃の携行も容易にする意向を表明した。同大統領によると、銃使用はあくまで正当防衛の時のみに限るとし、犯罪の多い地域では携行しやすい状況にすると […]
  • 東西南北2018年12月28日 東西南北  暑い真っ只中に入った年末のブラジル。この季節は毎年、疾病が気になるところだが、26日付現地紙によると、サンパウロ州では2018年に73人がH1N1型のインフルエンザで命を落としたという。流行した2016年こそ153人の死者を出したが、17年にはわずか1人に落ちていただけに、再 […]
  • 東西南北2019年1月4日 東西南北  大統領就任の演説に際してさえも政敵叩きを行うという、国際的にも珍しい言動で国際的に話題となってしまったボウソナロ大統領。夫人の手話など、話題にも事欠かない就任式だったが、もうひとつ世間に注目されたのは、別名「カヴァーロ・ぺチスタ(労働者党の馬)」だ。それはボウソナロ夫婦が由緒 […]
  • 東西南北2018年12月22日 東西南北  21日夜をもって、ブラジルは夏に突入した。夏に入る数週間前からかなり暑くなっているが、予報によると、この夏はエル・ニーニョ現象の影響を受け、平年より暑い夏になることが予想されている。近年で暑い夏というと、サンパウロ州を水危機に陥れた2013~14年の夏のことを思い出すが、今年 […]
  • 東西南北2018年12月27日 東西南北  「2019年の経済に希望的観測が出ている」との報道はここのところ頻繁に耳にするが、ジョアン・ドリア次期知事の下でサンパウロ州財務局長に就任する予定のエンリケ・メイレレス氏も、「来年のサンパウロ州財政は確実に成長する」「増税をする必要もなく、州財政はあがる」と強い自信を見せる発 […]