ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■くまモン、次はいつ?

■ひとマチ点描■くまモン、次はいつ?

日伯の小旗の中を登場したくまモン

日伯の小旗の中を登場したくまモン

 人気者くまモンを歓迎のために、ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)では、1時間も前から日本語学習者の子供や青年ら100人が集まり、くまモン体操の練習に汗を流していた。

一緒に踊るために1時間も前から練習する子供たち

一緒に踊るために1時間も前から練習する子供たち

木村愛吏さんさん

木村愛吏さんさん

 くまモンが乗ったマイクロバスが到着するや、全員で「く~ま~モ~ン!」との大合唱が繰り返された。しばらくしてようやく日伯の小旗がヒラヒラと振られるなかを入場すると、興奮は絶好調に。子供たちからメッセージ入り色紙をプレゼントされたあと、一緒にくまモン体操を踊り、記念撮影をした。中には抱きついて喜ぶ子も。
 当日はタボン・ダ・セーラ文協日本語学校からバスで20人が駆けつけた。わざわざピエダーデから兄姉でやってきた木村愛吏さん(あいり、14、三世)は「くまモン大好き! わたし熊本生まれなの。1歳のときにブラジルに来た。本物は想像の通りカワイかった。次はいつ?」と満足した表情を浮かべた。次回が楽しみな、くまモン南米出張となった。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 生長の家=体験発表や弁論大会など=800人以上詰めかけ熱心に2013年11月30日 生長の家=体験発表や弁論大会など=800人以上詰めかけ熱心に ニッケイ新聞 2013年11月8日  生長の家ブラジル伝道本部(村上真理枝理事長)の恒例行事「全国こども大会」「全国こども、ジュニアお話大会」(62人)が10月26日、「壮年・若鳩体験発表・スピーチコンクール」(11人)及び「全国青年雄弁大会」(9人)が27日、聖市の同別館で開 […]
  • 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室2018年12月1日 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室  日本語学校のスポーツが好きな13~17歳の生徒が参加する『聖南西青空スポーツ教室』(聖南西教育研究会主催)が11月15日、ピラール・ド・スール文化体育協会のグランドで開催された。  年に5つある生徒参加地区行事の中でも、12月に行われる林間学校とともに生徒がとても楽 […]
  • 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表2018年11月9日 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表  第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。  今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校 […]
  • 修養団=講習会を6都市で開催=青少年ら1500人参加2019年1月12日 修養団=講習会を6都市で開催=青少年ら1500人参加  ブラジル修養団連合会(桜井仁会長)は、日本から青年部担当の青木富造常任理事を招聘し、聖、パラナ州6都市を巡り少年少女講習会を実施している。  「愛と汗」の精神を通じて社会教育を行うことを目的として団体で、当地では1971年に創立した。日本から30年近くに及んで講師が […]
  • サンタクルス病院で日本語講座=「おもてなし」130人が学ぶ2018年8月17日 サンタクルス病院で日本語講座=「おもてなし」130人が学ぶ  聖市のサンタクルス病院(石川レナト理事長)は6日から、職員を対象に日本語講座を始めた。日系人・日本人の患者のために日本語を習得することが目的。テーマを「おもてなし」とし、日本式の応対法も指導する。  講座のテーマは「おもてなし」。日本語学習を通じて日本式の応対法を指 […]