ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジルGP=初の自国レーサーなしの開催=過去の栄光のF1大国も

ブラジルGP=初の自国レーサーなしの開催=過去の栄光のF1大国も

 11日、毎年恒例のF1のブラジルGPがサンパウロ市のインテルラゴス・サーキットで開催されるが、今年はブラジルとしては残念なことに、1972年の最初の開催以来、自国レーサーが誰もいない、初めての大会となる。
 ブラジルはサッカーのみならず、F1でも世界に誇る王国として長らく知られていた。ブラジルGPにおいても、過去に国内レーサーが優勝を飾ったことが9度ある。これは同GPでドイツと並び、1位タイだ。
 その9回の優勝の内訳は、1972年、74年のF1世界王者のエメルソン・フィッチパルディが1973、74年に2連覇。75年にジョゼ・カルロス・パッセ。1981、83、87年の世界王者のネルソン・ピケが83年と86年。1988、90、91年の世界王者で、「音速の貴公子」の異名をとったアイルトン・セナが91年と93年。2006年と08年にはフェリペ・マッサが2度優勝している。
 だが、そんな栄光も、今年は途切れることになってしまった。今年はブラジルからF1レーサーが生まれなかったためだ。
 94年のアイルトン・セナの事故死以降、ブラジルのF1界はルーベンス・バリチェロとフェリペ・マッサの2人に託されていたが、バリチェロは2011年に引退。期待の高かったマッサも、2008年に僅差で世界王者を逃した後は故障に泣き続け、昨年を最後に、惜しまれながら引退した。
 かつてF1で3度の年間王者に輝いたことがあるジャッキー・スチュワート(イギリス)は、ブラジルのF1状況をこう批判する。
 「F2、F3、F4の段階では、ブラジルのレーサーはイギリスよりも強い。だが、ブラジルの場合、彼らを育成させるための資金に欠けている。そして王者もいない。それでは現状の欧州のレーサーたちには勝てない」「王者がいないことはさして大きな問題ではない。だが、F1レーサーが少なくなり、さらにいなくなっている状況が続くことは問題だ」。
 ブラジル人レーサーとしては、このほど、F2の若手レーサーのセルジオ・セッテ・カマラ(20)が名門マクラーレンの第3ドライバーとして契約を結んだばかり。ブラジルF1界の未来は彼にかかっている。(8日付アゴラ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ラテン・グラミー=今年もブラジル勢は蚊帳の外=ウルグアイの大物が主要部門圧勝2018年11月17日 ラテン・グラミー=今年もブラジル勢は蚊帳の外=ウルグアイの大物が主要部門圧勝  15日、中南米ならびにスペイン語圏最大の音楽賞、ラテン・グラミー賞の授賞式がアメリカのラス・ヴェガスで行われたが、ブラジル勢は今年も主要部門では蚊帳の外で終わった。  ラテン・グラミーでは毎年、メキシコ、プエルトリコ、コロンビア、そして中南米音楽の母国語の国としてスペインが […]
  • どうなる? 文化活性のためのルアネー法=ボウソナロ政権で美術館、博物館、興行に影響か?2018年11月14日 どうなる? 文化活性のためのルアネー法=ボウソナロ政権で美術館、博物館、興行に影響か?  ジャイール・ボウソナロ次期大統領が就任した後に、どのような扱いになるかと注目されているものの中に、文化活性法「ルアネー法」がある。同法が2019年からどうなるか、心配する文化関係者や国民は少なくない。  その理由のひとつは、ボウソナロ氏がすでに、文化省を廃止して、教育省、ス […]
  • サンパウロ市北西部=Mピニェイロスで橋に段差=事故起こらずも崩壊の危機2018年11月17日 サンパウロ市北西部=Mピニェイロスで橋に段差=事故起こらずも崩壊の危機  15日未明、サンパウロ市内を走る幹線道路のマルジナル・ピニェイロスの高速車線で、橋脚の一部が崩れて路面が沈み、2メートルの段差が生じて、通行止めとなる事態が発生した。16日付現地紙が報じている。  15日午前3時30分頃、ジャグアレー橋の手前にあり、市北西部ヴィラ・ロボス公 […]
  • ブラジルの予防接種率は?=各国の麻疹患者の数が物語る2018年11月13日 ブラジルの予防接種率は?=各国の麻疹患者の数が物語る  汎米保健機構が、ブラジルでの麻疹(はしか)の流行に関連して、予防接種の重要性を改めて説いた。  ブラジルで麻疹の流行が起きているのは、ロライマ州とアマゾナス州の2州で、今年9月までに確認された患者数は、ロライマ州310人、アマゾニア州1358人、両州とも、4人ずつの死者も出 […]
  • 《ブラジル》郵便局が国際小荷物受け取りで課金=郵便料金も9日から値上げ2018年11月14日 《ブラジル》郵便局が国際小荷物受け取りで課金=郵便料金も9日から値上げ  日本から小包を送ってもらったが、何の連絡もなく送り返されたとか、荷物が届いているから配送料金を払うよう通知が来たといった苦情が届くようになっている。  これは、国際郵便で届く小荷物は輸入品とみなすとの方針と、従来は国税庁が課税対象とみなしたものだけに課していた配送料金を、全 […]