ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジルGP=初の自国レーサーなしの開催=過去の栄光のF1大国も

ブラジルGP=初の自国レーサーなしの開催=過去の栄光のF1大国も

 11日、毎年恒例のF1のブラジルGPがサンパウロ市のインテルラゴス・サーキットで開催されるが、今年はブラジルとしては残念なことに、1972年の最初の開催以来、自国レーサーが誰もいない、初めての大会となる。
 ブラジルはサッカーのみならず、F1でも世界に誇る王国として長らく知られていた。ブラジルGPにおいても、過去に国内レーサーが優勝を飾ったことが9度ある。これは同GPでドイツと並び、1位タイだ。
 その9回の優勝の内訳は、1972年、74年のF1世界王者のエメルソン・フィッチパルディが1973、74年に2連覇。75年にジョゼ・カルロス・パッセ。1981、83、87年の世界王者のネルソン・ピケが83年と86年。1988、90、91年の世界王者で、「音速の貴公子」の異名をとったアイルトン・セナが91年と93年。2006年と08年にはフェリペ・マッサが2度優勝している。
 だが、そんな栄光も、今年は途切れることになってしまった。今年はブラジルからF1レーサーが生まれなかったためだ。
 94年のアイルトン・セナの事故死以降、ブラジルのF1界はルーベンス・バリチェロとフェリペ・マッサの2人に託されていたが、バリチェロは2011年に引退。期待の高かったマッサも、2008年に僅差で世界王者を逃した後は故障に泣き続け、昨年を最後に、惜しまれながら引退した。
 かつてF1で3度の年間王者に輝いたことがあるジャッキー・スチュワート(イギリス)は、ブラジルのF1状況をこう批判する。
 「F2、F3、F4の段階では、ブラジルのレーサーはイギリスよりも強い。だが、ブラジルの場合、彼らを育成させるための資金に欠けている。そして王者もいない。それでは現状の欧州のレーサーたちには勝てない」「王者がいないことはさして大きな問題ではない。だが、F1レーサーが少なくなり、さらにいなくなっている状況が続くことは問題だ」。
 ブラジル人レーサーとしては、このほど、F2の若手レーサーのセルジオ・セッテ・カマラ(20)が名門マクラーレンの第3ドライバーとして契約を結んだばかり。ブラジルF1界の未来は彼にかかっている。(8日付アゴラ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=元軍警が4発の銃弾受け死亡=過去の事件に絡む粛清か2019年3月9日 サンパウロ市=元軍警が4発の銃弾受け死亡=過去の事件に絡む粛清か  7日午前、サンパウロ市市役所とSPトランスのマーク入りのシールを貼った車で走行中の元軍警が銃弾4発を浴びて死亡する事件が起きた。7日付現地紙が報じている。  亡くなったのはジウソン・テラ氏で、7日午前11時20分頃、サンパウロ市東部サンマテウスを市役所のシールを貼った車で走 […]
  • 《ブラジル》アマゾナス州=H1N1で17人死亡=予防用の薬剤探す人も急増2019年3月8日 《ブラジル》アマゾナス州=H1N1で17人死亡=予防用の薬剤探す人も急増  アマゾナス州では、H1N1ウイルスによるA型インフルエンザが例年より早く流行し、少なくとも17人が死亡。消毒用のアルコールやビタミンC剤など、予防用の薬剤を買い求める人も急増中と6日付G1サイトが報じた。  同州健康監視財団(FVS)によると、同州で確認された重症のインフル […]
  • 欧州で入国拒否のブラジル人急増=18年は17年の6割増し2019年3月8日 欧州で入国拒否のブラジル人急増=18年は17年の6割増し  欧州連合(EU)内の国境管理を行うFrontexが6日、18年にEU諸国への入国を拒否されたブラジル人は4984人で、3086人だった17年より61・5%増えたと発表したと7日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  この数字は、世界で7番目に多い。入国を拒否された人がブラジル […]
  • 《ブラジル》連続する女性殺人未遂事件=夫や元恋人が嫉妬に狂う?2019年3月7日 《ブラジル》連続する女性殺人未遂事件=夫や元恋人が嫉妬に狂う?  エスピリトサント州南部ドーレス・ド・リオ・プレットで4日未明、夫に車で連れ出された36歳の女性が、顔が腫れ上がるほど殴られた後、街道脇に投げ出され、兄弟らによって発見されるという事件が起きた。  5日付G1サイト(6日にも更新済み)によると、ジャーネ・ケルビン氏はミナス州在 […]
  • 27週で出産の妊婦が死亡=夫に腹部を蹴られて緊急手術2019年3月7日 27週で出産の妊婦が死亡=夫に腹部を蹴られて緊急手術  5日未明、リオ州南部のバラ・マンサ市の病院で、妊娠27週の女性が暴行を受けて運び込まれ、緊急手術を受けたが、出産後に死亡する事件が起きた。  死亡したマリア・エジジャーネ・デ・リマさん(35)は、4日午後、膣からの出血を起こした状態で病院に運び込まれた。リマさんの体には、暴 […]