ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジルGP=初の自国レーサーなしの開催=過去の栄光のF1大国も

ブラジルGP=初の自国レーサーなしの開催=過去の栄光のF1大国も

 11日、毎年恒例のF1のブラジルGPがサンパウロ市のインテルラゴス・サーキットで開催されるが、今年はブラジルとしては残念なことに、1972年の最初の開催以来、自国レーサーが誰もいない、初めての大会となる。
 ブラジルはサッカーのみならず、F1でも世界に誇る王国として長らく知られていた。ブラジルGPにおいても、過去に国内レーサーが優勝を飾ったことが9度ある。これは同GPでドイツと並び、1位タイだ。
 その9回の優勝の内訳は、1972年、74年のF1世界王者のエメルソン・フィッチパルディが1973、74年に2連覇。75年にジョゼ・カルロス・パッセ。1981、83、87年の世界王者のネルソン・ピケが83年と86年。1988、90、91年の世界王者で、「音速の貴公子」の異名をとったアイルトン・セナが91年と93年。2006年と08年にはフェリペ・マッサが2度優勝している。
 だが、そんな栄光も、今年は途切れることになってしまった。今年はブラジルからF1レーサーが生まれなかったためだ。
 94年のアイルトン・セナの事故死以降、ブラジルのF1界はルーベンス・バリチェロとフェリペ・マッサの2人に託されていたが、バリチェロは2011年に引退。期待の高かったマッサも、2008年に僅差で世界王者を逃した後は故障に泣き続け、昨年を最後に、惜しまれながら引退した。
 かつてF1で3度の年間王者に輝いたことがあるジャッキー・スチュワート(イギリス)は、ブラジルのF1状況をこう批判する。
 「F2、F3、F4の段階では、ブラジルのレーサーはイギリスよりも強い。だが、ブラジルの場合、彼らを育成させるための資金に欠けている。そして王者もいない。それでは現状の欧州のレーサーたちには勝てない」「王者がいないことはさして大きな問題ではない。だが、F1レーサーが少なくなり、さらにいなくなっている状況が続くことは問題だ」。
 ブラジル人レーサーとしては、このほど、F2の若手レーサーのセルジオ・セッテ・カマラ(20)が名門マクラーレンの第3ドライバーとして契約を結んだばかり。ブラジルF1界の未来は彼にかかっている。(8日付アゴラ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中2020年6月24日 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中  コロナウイルスの感染拡大で経済活動などが止まった事を受け、2019年の所得に関する確定申告期間を今月30日まで延長しており、未申告者は急いで申告するよう国税庁が促している。  確定申告は通常、4月末日までに行わなければならないが、今年はコロナ禍のために申告期間が延長された。 […]
  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に2020年6月4日 《ブラジル》コロナ感染者知っている人は52%=国民の大半が身近に  【既報関連】5月25~26日に行われたダッタフォーリャの世論調査によると、回答者の52%が「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたと2日付G1サイトが報じた。  2069人への電話アンケートの結果、「コロナウイルスに感染した人を知っている」と答えたのは52%で、「 […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]