ホーム | 日系社会ニュース | 文協の図書館再開、事務局と関連施設は休館延長

文協の図書館再開、事務局と関連施設は休館延長

 ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)はサンパウロ州・市当局によるクアレンテナ(検疫)延長の指示に従い、文協事務局、日本館、日本移民史料館、国士舘スポーツセンターの施設休館を、7月14日まで延長することを発表した。
 なお図書館のみ8日(水)から一部サービス限定で再開予定する。▼開館時間=10時から15時半▼滞在時間最大15分まで▼貸し出し・返却・寄贈受付のみ(新聞などの閲覧は不可)▼入館制限あり。詳細は文協サイトから確認を。
 休館延長に関して文協広報は「大変ご迷惑をおかけしたしますが、市民の皆様および従業員の健康を何より優先した処置であることをご理解いただきますようお願い申し上げます」と理解を求めている。
 問合わせ先は(電子メール=contato@bunkyo.org.br 、電話=11・3208・1755)最新情報は文協ウェブサイト(www.bunkyo.org.br)またはソーシャルネットワークサービスでも確認できる。

image_print

こちらの記事もどうぞ