ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》陸軍総司令官「軍事介入の可能性あった」=ルーラ裁判前日の内幕暴露=「ボウソナロは政治家」=軍政復帰の可能性は否定

《ブラジル》陸軍総司令官「軍事介入の可能性あった」=ルーラ裁判前日の内幕暴露=「ボウソナロは政治家」=軍政復帰の可能性は否定

ヴィラス・ボアス陸軍総司令官(Valter Campanato/Agencia Brasil)

ヴィラス・ボアス陸軍総司令官(Valter Campanato/Agencia Brasil)

 エドゥアルド・ヴィラス・ボアス陸軍総司令官が11日付フォーリャ紙掲載のインタビューで、「もし、ルーラ元大統領に人身保護令が適用されていれば、軍事介入の可能性があった」と発言して物議を醸している。

 ヴィラス・ボアス総司令官の発言は、同氏が4月3日の夜行ったツイッターでの発言の真相についてのものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ