ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》元大統領のルーラとジウマ=新たな刑事裁判の被告人に=元PT幹部3人と共に=13年間で総額14億レアル超の汚職

《ブラジル》元大統領のルーラとジウマ=新たな刑事裁判の被告人に=元PT幹部3人と共に=13年間で総額14億レアル超の汚職

今年4月収監直前のルーラ元大統領(Ricardo Stucker)

今年4月収監直前のルーラ元大統領(Ricardo Stucker)

 サンパウロ州グアルジャーの高級3層住宅に絡む嫌疑で2審有罪判決を受けて服役中のルーラ元大統領が、新たな嫌疑で刑事被告人となったと24日付現地各紙が報じている。元大統領を巡っては、アチバイアの別荘や、ルーラ研究所用地関連疑惑も1審判決間近、さらに多くの汚職嫌疑で裁判が進行中だ。

 ルーラ元大統領は、ジウマ前大統領、ギド・マンテガ、アントニオ・パロッシ両元財相、労働者党(PT)元中央会計のジョアン・ヴァカリ・ネット氏らと共に、犯罪組織形成容疑で刑事裁判の被告人となった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ