ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル最高裁》テメルの恩赦令に過半数が賛成=再検討要請で結審には至らず=「汚職も暴力犯罪」の声届かず

《ブラジル最高裁》テメルの恩赦令に過半数が賛成=再検討要請で結審には至らず=「汚職も暴力犯罪」の声届かず

11月29日の最高裁審理の様子(Coutinho/SCO/STF)

11月29日の最高裁審理の様子(Coutinho/SCO/STF)

 ブラジル連邦最高裁大法廷は11月29日、テメル大統領(民主運動・MDB)が昨年末に出した〃クリスマス恩赦〃の合憲性を問う審理(報告官ロバルト・バローゾ判事)を行った。審理に参加した10人の判事中、過半数を超える6人は合憲性を認めるとし、認めなかったのは2人だけだった。だが、ルイス・フクス判事とジアス・トフォリ長官が証拠再検討を求めたので結審には至っていない。また、審理再開日程は決まっていないと、11月30日付現地各紙が報じている。

 合憲性の審理はまだ結審には至っていないが、大半の判事が合憲性を認めるとの判断を示している事もあり、テメル大統領は今年末も類似の恩赦令を出す事が可能だ。その場合はラヴァ・ジャット(LJ)作戦で摘発、有罪判決を受けて拘留中の人物21人が釈放される可能性がある。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ