ホーム | 日系社会ニュース | サッカー難民カップ=優勝はマライカ選抜チーム=関心高め、社会進出目指す

サッカー難民カップ=優勝はマライカ選抜チーム=関心高め、社会進出目指す

優勝した難民選抜チームのマライカ

優勝した難民選抜チームのマライカ

 NGO団体アフリカ・ド・コラソン(ジャン・カトゥンバ代表)が「黒人意識啓発の日」の11月20日午前、サンパウロ市パカエンブースタジアムで『難民カップ』の決勝戦を開催した。
 同大会には27国籍の選手ら930人以上による41チームが参加し、聖、リオ、ポルト・アレグレ市で予選を行った。決勝には難民選抜チームのマライカ(アフリカの部族)とアンゴラチームが出場し、見事マライカが優勝を収めた。同大会は2014年から開催されており、難民問題への関心を高め、難民の社会進出の促進を目的としている。
 当日は肌寒い曇り空の下、アンゴラ、ブラジル歌斉唱後に試合がはじまった。激しいぶつかり合いを見せながらボールを奪い合い、後半でマライカチームがゴールを決めた。さらに後半終了間際にアンゴラも1点を取り返し、PK戦へ。マライカチームが見事勝利を収め、歓声が上がった。
 その後両チームへの授賞が行われ、出席したブルーノ・コーヴァスサンパウロ市長、スポーツ人権局長らがメダルを贈った。トロフィーを受け取ったマライカチームは尻で跳ねながら前進する「尻ダンス」で勝利を祝った。また、同チームのマヴィス・アジャリ監督は選手に抱えられながら「優勝だ! 世界で一番だ」と大喜びしながら拳を突き上げた。
 ブラジルの邦字雑誌や日本の十勝毎日新聞などで同大会について広めてきた大浦智子さんは、「主催NGOはボランティアや難民で構成され、当地で難民のために奔走してきた。言葉や習慣も違う中、ジャン代表らが行政や民間企業を動かしてこれだけの大会を実現したのは尊敬に値する。2~30代が多い彼らは今後、ブラジル社会に良い刺激を与える存在になると思う。厳しい社会を生き延びただけに思いやりの深い人も多い。彼らと接していて難民へのネガティブなイメージがなくなった」と語った。
 同大会コーディネーターのアブドゥルバセット・ジャロールさん(28)はシリア出身。内戦により家族と離れ出兵、友人が命を落としていくのを見たジャロールさんは命がけで国境を越え、レバノンからブラジルへ渡ったという。
 ジャロールさんは同大会について「サッカーは世界的な『言語』。大会によるブラジル社会との統合を目指し、難民問題に気づくきっかけになる。ブラジル政府や企業、ブラジル民が、戦争や苦しみの中で生きようとする難民に目を向け、同じ人間だと気づくことに繋がる」と語った。
 「今回は3州で大会が行なわれた。難民が聖、リオ州だけでなく地球上のどこにもいるという認識に繋がることを期待している。ブラジルだけでなく、我々の訴えが世界中に届くことを祈っている」と述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月25日 東西南北  現在のブラジルを代表する映画監督クレベール・メンドンサ・フィーリョが7月に開催される、フランスのカンヌ映画祭で審査員をつとめることになった。メンドンサ・フィーリョといえば、2019年にブラジルで大ヒットし、日本も含めて国際的にも高い評価を得た社会風刺アクション・ホラー映画「バ […]
  • 東西南北2021年6月24日 東西南北  日本で東京五輪開催に反対する運動が強まっており、23日にはブラジルでも、フォーリャ紙サイトなどの大手メディアが写真付でその様子を報じている。日本でのネットでの声を拾うと、彼らの中にはサッカーのコパ・アメリカの強行開催に伴う感染者多発報告で恐れをなしている人も少なくない。21日 […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]