ホーム | コラム | 樹海 | 今から来年が待ち遠しい1日

今から来年が待ち遠しい1日

 9日、サンパウロ市東部の日本人会館で、橘和音楽教室による「第13回友好の1日」が開かれた。昨年から12月第2日曜開催となった行事は、バンドで歌う人とキーボードの生徒の演奏、コーラスと盛り沢山。普段はカラオケで歌う人も、今年は全員(90人!)がバンドの生演奏で歌った▼今月は、日本移民110周年の最終事業とされた日本アマチュア歌謡連盟のバンドによる紅白歌合戦が2日、フレンズというバンドによる紅白歌合戦が16日と、バンド演奏でのイベントが続く。その最中に、音楽教室の生徒ではない人も押し寄せるのが「友好の1日」だ。歌い手との練習は1度だけだが、家族で組むバンドだけあり、各出場者が歌う曲を各自で聴き、家族だけで集まって練習するなど、歌い手が歌い易い演奏を常に心がけてくれる。「他の人に拍手してもらうなら、他の人にも拍手してあげて」という保江氏は、「参加者が空腹で帰らないで済むよう、何か持って来て」と頼む、思いやりの人だ。「(40年以上前)15歳で参加した初の喉自慢で演奏していたバンドにいたのがギター奏者のオズワルド氏で、マンドリン奏者の保江氏も一緒にいた」と語る参加者もいた。音楽教室と3代続く縁がある家族が、ある歌い手が別の年に歌った曲を覚えていて、「あなたが前に歌ったあの曲も良かったわよ」と話していたり▼橘和家の人々を軸とする大きな家族の中で憩う1日は、内外のカラオケ仲間の親睦の場となると共に、次の世代が育つ様子が見られる場所でもある。赤ちゃんから90代の人までが集まる音楽三昧の1日は、今から「来年が待ち遠しい」と思わせる魅力たっぷりの1日だった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 夫とは好対照な夫人のイメージ2019年1月11日 夫とは好対照な夫人のイメージ  元旦の大統領就任式で、ボウソナロ大統領夫人の株が随分上がった。表に出てきはじめたのが大統領当選後と間もなく、「福音派との結びつきが非常に強い人らしい」という情報しか入ってきていなかった▼だが、そんな彼女がたちまち国民の記憶に残ることを行なった。それが大統領就任式で行な […]
  • 新大統領とは対照的な世界最強女性2019年1月4日 新大統領とは対照的な世界最強女性  伯国で、90年代前半まで「サッカーの次に国際的に強いスポーツは?」と問われたらその答えは「F1」だったもの。だが2000年代後半から、それは「総合格闘技」になりつつある。とりわけそれは2016年から「女子」で顕著になりつつある。現在、「世界で最も強い女性」は伯人だ▼昨 […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボウソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]
  • 「ボヘミアン・ラプソディ」とブラジル2018年12月21日 「ボヘミアン・ラプソディ」とブラジル  今、世界で「話題になっていない国はない」と思えるほど大ヒットしている映画が「ボヘミアン・ラプソディ」。英国の世界的任期ロックバンド、クイーンの伝記映画だ▼なんでも日本では、公開から5週間が過ぎても、普通、1週ごとに落ちるのが当たり前の動員が、同じかそれ以上のペースで推 […]
  • 様々な違いは豊かさの源泉2018年12月27日 様々な違いは豊かさの源泉  25日夜、フランシスコ法王がクリスマスメッセージの中で、国籍や文化、宗教、人種、思想などの違いを超えた友愛を説き、「我々が持つ違いは欠陥や危険の源ではなく、豊かさの源泉だ」と語ったとのニュースを聞いた。法王は、愛がなければ、どんなに優れた計画やプロジェクトも、空虚で魂のこもら […]