ホーム | コラム | 樹海 | 今から来年が待ち遠しい1日

今から来年が待ち遠しい1日

 9日、サンパウロ市東部の日本人会館で、橘和音楽教室による「第13回友好の1日」が開かれた。昨年から12月第2日曜開催となった行事は、バンドで歌う人とキーボードの生徒の演奏、コーラスと盛り沢山。普段はカラオケで歌う人も、今年は全員(90人!)がバンドの生演奏で歌った▼今月は、日本移民110周年の最終事業とされた日本アマチュア歌謡連盟のバンドによる紅白歌合戦が2日、フレンズというバンドによる紅白歌合戦が16日と、バンド演奏でのイベントが続く。その最中に、音楽教室の生徒ではない人も押し寄せるのが「友好の1日」だ。歌い手との練習は1度だけだが、家族で組むバンドだけあり、各出場者が歌う曲を各自で聴き、家族だけで集まって練習するなど、歌い手が歌い易い演奏を常に心がけてくれる。「他の人に拍手してもらうなら、他の人にも拍手してあげて」という保江氏は、「参加者が空腹で帰らないで済むよう、何か持って来て」と頼む、思いやりの人だ。「(40年以上前)15歳で参加した初の喉自慢で演奏していたバンドにいたのがギター奏者のオズワルド氏で、マンドリン奏者の保江氏も一緒にいた」と語る参加者もいた。音楽教室と3代続く縁がある家族が、ある歌い手が別の年に歌った曲を覚えていて、「あなたが前に歌ったあの曲も良かったわよ」と話していたり▼橘和家の人々を軸とする大きな家族の中で憩う1日は、内外のカラオケ仲間の親睦の場となると共に、次の世代が育つ様子が見られる場所でもある。赤ちゃんから90代の人までが集まる音楽三昧の1日は、今から「来年が待ち遠しい」と思わせる魅力たっぷりの1日だった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 県人会は一世と共に滅びるべきなのか?2019年3月12日 県人会は一世と共に滅びるべきなのか?  47都道府県人会はいつまで揃っているのか――ブラジル日本都道府県人会連合会の役員会の呼びかけで2月23日に行われた「京都会の昼食会」を取材しながら、そう考え込んだ。  その時、鹿児島県人会の上園モニカみちえ会長は「ブラジルは世界で唯一47都道府県すべての会が揃ってい […]
  • 惨事や人ごみを悪用する輩達2019年3月7日 惨事や人ごみを悪用する輩達  サンパウロ市やリオ市でのスペシャルグループのサンバパレードは終わっても、ブロッコと呼ばれる集団による路上でのパレードはまだまだ続く▼「灰の水曜日」の6日にサルバドールで「アラスタン」と聞いた時、一瞬、根こそぎ強盗発生かと思ってしまったのは、ブロッコに参加した人達が軒並 […]
  • 「リオのカーニバル」のパレードの歴史はどのくらい?2019年3月1日 「リオのカーニバル」のパレードの歴史はどのくらい?  もう、今日が終わりそうなあたりから聖市、そして全国が注目のリオで3日の23時30分からカーニバルのデスフィーレ(パレード)がはじまる。伯国民にとっては、それに興味があろうとなかろうと、もはや無意識のうちに刷り込まれた日常、とでもいうべき、不可欠な存在でもある▼エスコー […]
  • 歌と人生、世代交代2019年2月28日 歌と人生、世代交代  21日付ジョルナル・ニッパク(弊紙ポルトガル語版)に、16~17日に開かれた第25回サンパウロ州選抜カラオケ大会(通称パウリスタン)の記事が掲載された。4頁は弊紙記者の記事で開会式などが中心、12頁は外部からの特別寄稿で、2日目のグランプリなどが中心になっている▼記者やテーマ […]