ホーム | コラム | 樹海 | 今から来年が待ち遠しい1日

今から来年が待ち遠しい1日

 9日、サンパウロ市東部の日本人会館で、橘和音楽教室による「第13回友好の1日」が開かれた。昨年から12月第2日曜開催となった行事は、バンドで歌う人とキーボードの生徒の演奏、コーラスと盛り沢山。普段はカラオケで歌う人も、今年は全員(90人!)がバンドの生演奏で歌った▼今月は、日本移民110周年の最終事業とされた日本アマチュア歌謡連盟のバンドによる紅白歌合戦が2日、フレンズというバンドによる紅白歌合戦が16日と、バンド演奏でのイベントが続く。その最中に、音楽教室の生徒ではない人も押し寄せるのが「友好の1日」だ。歌い手との練習は1度だけだが、家族で組むバンドだけあり、各出場者が歌う曲を各自で聴き、家族だけで集まって練習するなど、歌い手が歌い易い演奏を常に心がけてくれる。「他の人に拍手してもらうなら、他の人にも拍手してあげて」という保江氏は、「参加者が空腹で帰らないで済むよう、何か持って来て」と頼む、思いやりの人だ。「(40年以上前)15歳で参加した初の喉自慢で演奏していたバンドにいたのがギター奏者のオズワルド氏で、マンドリン奏者の保江氏も一緒にいた」と語る参加者もいた。音楽教室と3代続く縁がある家族が、ある歌い手が別の年に歌った曲を覚えていて、「あなたが前に歌ったあの曲も良かったわよ」と話していたり▼橘和家の人々を軸とする大きな家族の中で憩う1日は、内外のカラオケ仲間の親睦の場となると共に、次の世代が育つ様子が見られる場所でもある。赤ちゃんから90代の人までが集まる音楽三昧の1日は、今から「来年が待ち遠しい」と思わせる魅力たっぷりの1日だった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • 新年あけましておめでとうございます2019年1月9日 新年あけましておめでとうございます  皆様、新年明けましておめでとうございます。  常日頃より、サンパウロ日伯援護協会(援協)に対し、多大なる、ご支援を賜り、篤く御礼申し上げます。  昨年7月には眞子内親王殿下のご臨席の下、日本ブラジル移民110周年記念式典が成功裡に開催されましたが、これを契機に日本 […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボウソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]
  • あけましておめでとうございます2019年1月8日 あけましておめでとうございます  ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。  旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。  昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各 […]
  • 小林氏=ブラジル剣道の戦前史を出版=ブラジル剣道連盟が後援2019年1月8日 小林氏=ブラジル剣道の戦前史を出版=ブラジル剣道連盟が後援  小林眞登(まさと)ルイス氏(39、三世)がブラジル剣道連盟の後援を得て執筆した『伯國劒道小史戦前篇』が出版された。全343ページ、50レ。60部。  同書は、小林氏が日本移民100周年に際しブラジル人剣道の歴史を調べ始め、同連盟の許可を得て約10年かけて執筆した。日 […]