ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 13日、サンパウロ大都市圏ABC地区のマウアーで、市長のアチラ・ジャコムッシ容疑者が同市元局長らと贈収賄工作を行った容疑で逮捕された。同容疑者は5月にも逮捕されているが、後任の市長代理が財政破綻を起こしたため、かろうじて市長のクビがつながっていた。警察によると、同市長らは市内の学校の給食や制服をめぐり、九つの企業と不正契約を行っていた。さらに、23人の市議の内、22人に収賄の疑惑があるという。市民の側は、汚職がそこまで進んでいたことにショックを受けているだろうが、逆に疑惑に上がらなかった1人の議員が気になる。いっそのこと、その正直な市議に市長を代行してもらっては?
     ◎
 ブラジルのマスコミはこのところ、連日のように次期大統領の長男フラヴィオ氏の元運転手ケイロス氏を巡る疑惑を報じているが、同件で「幽霊職員」の疑惑が高まっているケイロス氏の娘、ナタリア氏にも注目が集まりはじめた。ナタリア氏は芸能人を顧客に持つインストラクターで、人気女優ブルーナ・マルケジーネのインスタグラムの写真などにも写っている。通常の勤務時間帯に顧客に対応していたことも判明しており、疑惑を追及されるのは必至だが、どうする?
     ◎
 シーズン・オフのサッカー。今は補強の時だが、サントスは13日に、今日15日に新監督としてホルへ・サンパオリ氏と正式契約と発表した。同氏はチリ代表やアルゼンチン代表を率い、スペインの名門セヴィージャで指揮を執った経験もある、世界的に有名な指導者。有望な若手が多いサントスだけに楽しみだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]
  • 《ブラジルサッカー》女子代表23人を発表=名将スンドハーゲ氏の初陣はアルゼンチン戦2019年8月21日 《ブラジルサッカー》女子代表23人を発表=名将スンドハーゲ氏の初陣はアルゼンチン戦  8月29日と9月1日に行われる親善試合を前に、女子サッカーのブラジル代表メンバー23人が20日に発表された。  6月から7月にかけてフランスで行われた女子ワールドカップで16強敗退に終わったブラジルは、来年の東京五輪に向けて、直近3回の五輪で全て決勝進出(2008年 […]
  • 東西南北2019年8月10日 東西南北  11日は父の日で、ブラジルでは服役中の犯罪者の一部に外泊許可が出る。だが、この制度が何かと物議を醸しやすい。今年の場合は、アレッシャンドレ・ナルドーニ受刑囚(41)に外泊許可が出て、話題となっている。ナルドーニ受刑囚は2008年、離婚後も、週末には会うことのできた前妻との娘イ […]
  • 東西南北2018年8月28日 東西南北  サンパウロ市中央部リベルダーデ区にあるアフリトス聖堂が、崩壊の危機にさらされているという。同聖堂は、市内にはじめてできた霊園内に1775年に建てられ、市内でも有数の歴史を持つものだ。だが、ここ数年はメンテナンスがうまく行われておらず、壁にはひび割れが増え、さらに近隣の建物が改 […]
  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]