ホーム | ブラジル国内ニュース | コロナウイルス=ブラジルも武漢から自国民救出へ=「大統領、私達を助けて!」=現地の投稿動画で帰還作戦決定

コロナウイルス=ブラジルも武漢から自国民救出へ=「大統領、私達を助けて!」=現地の投稿動画で帰還作戦決定

 【既報関連】「ボルソナロ大統領、外交におけるブラジル最高権威者として、厳しい状況に置かれた我々ブラジル人が必要としている祖国帰還をぜひ実現して!」――現地に足止めされているブラジル人たち約10人ほどが、そのようなメッセージを次々に語る約6分のメッセージ映像を2日付でユーチューブに投稿した。マスコミはそれを報道し、政府も2日、遅まきながらブラジル人帰還作戦を行うことを決めた。2月1~3日付ブラジル国内各紙・サイトが報じた。

 中国湖北省武漢で発生し、世界中で脅威となった新型コロナウイルス。感染拡大を防ぐため、中国政府が都市ごと隔離している武漢では、同市に住む留学生ら、10人近いブラジル人が映像を撮影編集し、米国、イタリア、フランス、英国、日本などが行った救出作戦を列挙して、ブラジルも同様の措置を取るよう求めて公開した。

 グローボテレビ局など、ブラジルのメディアが大々的に報じ、ダヴィ・アルコルンブレ上院議長(民主党・DEM)は即座に、「この件に関し、議会は連邦政府に対して無制限の支持を約束する」とコメントを出した。それを受け、当初は高額な経費や法律上の問題などを盾にしぶっていた連邦政府も応じざるを得なくなった。

 こうした伝染病感染の疑いがある人への強制検査や、陽性と出た場合の強制隔離などの法的根拠を定めた暫定令(MP)を、政府は再開直後の連邦議会に提出する予定だ。

 先週まで、ボルソナロ大統領は中国からのブラジル人救出に及び腰だった。帰還者に感染者がいたら、国内で感染が拡がる危険性がある上、帰還者を検査期間中隔離することを正当化する法令がなかったからだ。

 3日午後5時のブラジル保健省発表では、現在国内では14人が感染の疑いで検査を受けているが、感染が確認された人は1人もいない。

 エルネスト・アラウージョ外相はブラジル紙に「ブラジル人救出の可能性は常に検討されており、方針が変わったわけではない」と語った。空軍機より多くの人を乗せられ、飛行距離も長い商用機をチャーターすることが有力視されているが、作戦がいつ実行され、経費はどれくらいになるかは決定されていない。

 ブラジル政府は経由が1回で住むように、連続15時間以上の飛行が可能な機体を使用したい意向だ。既にある国が機体の経由地として空港利用を容認すると申し出たが、どこかは明らかにされていない。

 2日までの段階で、中国でコロナウイルス感染が確認されたブラジル人はいない。感染者は帰国便には搭乗できない。「政府が娘を戻してくれる方針と聞いて、安心した」と語るのは武漢で立ち往生しているインジラ・サントスさん(34)の父、ルーベンス・サントスさん(59)だ。

 帰還者たちは21日間、軍事施設に収容される。潜伏期間も想定した上で、感染しているかしないかを見極めるための時間だ。

 3日午前にはオニキス・ロレンゾーニ官房長官が、中国からの帰還者は、サンタカタリーナ州フロリアノポリス市、もしくはゴイアス州アナポリス市、北東部のどこかで隔離されるだろうと語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • マンデッタの解任決定的か=軍閣僚も支えきれなくなり=一向に考え変わらぬ大統領2020年4月16日 マンデッタの解任決定的か=軍閣僚も支えきれなくなり=一向に考え変わらぬ大統領  ボルソナロ大統領の執拗な圧力に加え、大統領を批判した発言が連邦政府内で不評を買ったことで、国民からの評価が高いルイス・エンリケ・マンデッタ保健相が辞任に追い込まれる公算が強まっている。13〜15日付現地紙、サイトが報じている。  マンデッタ保健相は、新型コロナ対策に […]
  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]
  • 《ブラジル選挙》大統領が次男に超過献金=“元幽霊職員”の応援も2020年10月9日 《ブラジル選挙》大統領が次男に超過献金=“元幽霊職員”の応援も  選挙運動中の市長・市議選で、ボルソナロ大統領が違反額となる献金や、かつて幽霊職員と報じられた人物の応援をするなどの行為を行っていると、8日付現地紙、サイトなどが報じている。  大統領はまず、リオ市の市会議員選で再選を目指す次男カルロス氏に対し、1万レアルの献金を現金 […]
  • 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に2020年10月8日 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に  サンパウロ市市長選に伴う恒例のテレビ候補者討論会が続々にキャンセルされており、支持率1位のセルソ・ルッソマノ候補(共和者・RP)以外の候補者を苛立たせていると、7日付現地紙が報じている。  討論会のキャンセルは、9月28日にSBT局がコロナ禍を理由にキャンセルと発表 […]
  • 反大統領派の看板キャスター解雇! ついに検閲の前触れか2020年9月11日 反大統領派の看板キャスター解雇! ついに検閲の前触れか  8日、国内で2、3番手の視聴率のテレビ局SBTは、女性看板キャスターのラケル・シェヘラザーデの解雇を発表した。これに対し「ついにボルソナロ政権による検閲行為、開始か?」と見る向きが少なくない。  その前触れがないわけではなかった。SBT社主は、一介のフェイランテから […]