ホーム | 日系社会ニュース | 「アリアンサと日本へ行こう」=充実の初ツアー、7月に企画

「アリアンサと日本へ行こう」=充実の初ツアー、7月に企画

秋葉原の町並み

秋葉原の町並み

 日伯文化連盟(アリアンサ、大城幸雄理事長)は初めての訪日ツアー「アリアンサと日本へ行こう」を計画しており、その説明会が15日午後、文協ビル6階で開催された。同連盟の日本語講座の在学生や卒業生およびその家族などを対象に呼びかけたもので、100人余りが集まって会場が一杯になった。
 来年7月1日に出発し、26日に帰伯。費用は7520ドル(航空運賃、地上移動費、ホテルと朝食代など)。日本の主な観光名所を一気に回った上で、アリアンサを関係のある大学等との交流も行う濃い内容のものだ。アリアンサの教師が二人同行する。最低催行人数は30人。
 最初は東京で皇居、銀座、上野公園、アメ横、秋葉原などの定番コースから。NHK訪問、原宿、明治神宮、スカイツリー、隅田川クルーズ、お台場なども訪れる。
 その後、箱根、富士山五合目、富士急ハイランドの後、名古屋へ。さらに京都では伏見稲荷、三十三間堂、清水寺、八坂神社など。奈良にも赴き、東大寺と大仏、奈良公園、法隆寺を訪ねる。
 大阪では道頓堀、心斎橋、黒門市場、梅田スカイビル展望台。広島では平和記念公園や平和記念資料館、宮島。次に兵庫県に戻って姫路城、さらに三重県の鳥羽、伊勢神宮。神奈川県に移動してJICA横浜の海外移住資料館、山下公園など。オプションツアーには東京ディズニーランド、大阪ユニバーサルスタジオなどもある。
 学術交流としては新宿日本語学校、明治大学、東海大学、国士館大学などの学生らと交流すべく連絡を取っている。大城理事長は「まだ計画の段階だが、説明会の反応が良ければ実施する。こんなにたくさん来てくれるとは思わなかった」と嬉しい悲鳴を上げていた。
 申し込みや問い合わせは、1月20日までにアリアンサ(11・3209・6630、11・3209・9998、11・3031・5550)へ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でも伯人を助ける」2019年6月27日 CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でも伯人を助ける」  2015年から国外就労者情報援護センター(CIATE)で専務理事として赴任している弁護士の永井康之さん(43、愛知県)が、7月15日に帰国するため離任挨拶で来社した。  歴代専務理事はみな日本からの駐在者だが、4年3カ月の駐在期間は過去最長。永井さんは「来た時はデカ […]