ホーム | 文芸 | 刊行 | 日系文学、第60号刊行=笠戸丸表彰で3氏受賞

日系文学、第60号刊行=笠戸丸表彰で3氏受賞

本の装丁

本の装丁

 『ブラジル日系文学』第60号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が11月に刊行された。
 今号の特別寄稿には、「茶の湯―市中の山居」(林宗円)を掲載。外国文化を取り込み、独自の日本文化と昇華させた茶の湯の発展史を紐解いた。ブラジル政治雑談「ボルソナロ氏に決定」(空出木)では通常よりページ数を大幅に増やして対応。ボルソナロ旋風が吹き荒れた今回の選挙戦を改めて考察した。
 その他、随筆や詩歌、ブラジル文学翻訳などを掲載。日語版は146項で、ポ語版は60項。なお、ブラジル日本移民110周年を記念した「笠戸丸表彰」では、日系文学からからシモン・メイコ氏、小野寺郁子氏、梅崎壽明氏の表彰された。
 問合せは、同事務所(電話=11・3203・2018、メール=secretaria@nikkeybungaku.org.br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ロンドリーナ文協、新年拝賀式=感動の眞子様ご来伯振り返る2019年1月19日 ロンドリーナ文協、新年拝賀式=感動の眞子様ご来伯振り返る  北パラナにあるロンドリーナ文化体育協会(ACEL、佐藤ペドロ会長)の新年拝賀式が1月1日午前9時から同会館で行われ、昨年と同じく60人の参加者で賑わった。  鈴木勇(いさむ)元会長の日ポ両語の司会によって式は進行。日伯両国の国歌斉唱後、佐藤ペドロ会長はあいさつで「昨 […]
  • ブラジル・ルネッサンス元年=新たな10年の幕開けに向けて2019年1月9日 ブラジル・ルネッサンス元年=新たな10年の幕開けに向けて  新年あけましておめでとう御座います。この場をお借りし、旧年中の当商工会議所の活動に対する皆様のご支援とご協力に対し、改めて厚く御礼申し上げます。  昨年は移民110周年という記念すべき年であり、各地で様々な催しが開催されました。私自身公私に亘り様々な形で参加させて頂 […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボルソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]
  • リオ日本移民史料館を落成=12月、110周年で州に寄贈=サイト上で情報発信も!2019年1月8日 リオ日本移民史料館を落成=12月、110周年で州に寄贈=サイト上で情報発信も!  ブラジル日本移民110周年記念事業の一環として、「リオ日本移民史料館」が12月15日、リオ日系人協会に落成した。これはリオ日系社会が寄付金を募り、約6万レをかけて建設されたもの。同地のブラジル日本移民110周年記念実行委員会(松浦實実行委員長)からリオ州に寄贈された。 […]
  • 奉祝! 今上陛下ご在位30年=平成幕引き、5月に新天皇即位=旧年は眞子内親王殿下ご来伯2019年1月1日 奉祝! 今上陛下ご在位30年=平成幕引き、5月に新天皇即位=旧年は眞子内親王殿下ご来伯  今上陛下が即位されてから、1月7日でご在位30年を迎える。激動の昭和を経て、現行憲法下で初めて即位された陛下は、国民統合の象徴としての在り方を模索すると共に、国民の安寧を切に願ってこられた。『史記』五体本紀の「内平外成」を由来とし、国内外、天地ともに平和が達せれんこと […]