ホーム | 日系社会ニュース | 日伯関係強化の人材育成講座=JICAがUSP法学部に

日伯関係強化の人材育成講座=JICAがUSP法学部に

フジタ・ニノミヤチェア署名式の様子(JICA提供)

フジタ・ニノミヤチェア署名式の様子(JICA提供)

 国際協力機構(JICA)は12日、サンパウロ市セントロ区のサンパウロ総合大学(USP)法学部国際法・比較法学科との間で「日本開発経験研究プログラム(フジタ・ニノミヤチェア)」に関する共同事業取極め(MOU)に署名した。
 これは、同学科に日本の開発経験理解のための講座を開設し、日伯の関係強化に資する人材の育成を図るためのもの。
 北岡伸一JICA理事長が東大助手だった時代の1973~74年、藤田エジムンド、二宮正人両氏が留学し、二人のチューター(学士課程の学生への学習助言を行う者)をした縁があり、その将来を嘱望。
 それに応えるかのように故藤田氏は日系人初の外交官となり、アジア局長、インドネシア大使、韓国大使などを歴任し、2016年に66歳で、惜しくもガンで亡くなった。二宮氏は弁護士、日伯の国際比較法のUSP教授として活躍している。
 これを顕彰して今回、この講座が設けられた。当日出席した二宮氏は「本当に嬉しい。ここから日伯の関係強化に資する人材がどんどん育ってほしい」と期待を込めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ