ホーム | コラム | 樹海 | 様々な違いは豊かさの源泉

様々な違いは豊かさの源泉

 25日夜、フランシスコ法王がクリスマスメッセージの中で、国籍や文化、宗教、人種、思想などの違いを超えた友愛を説き、「我々が持つ違いは欠陥や危険の源ではなく、豊かさの源泉だ」と語ったとのニュースを聞いた。法王は、愛がなければ、どんなに優れた計画やプロジェクトも、空虚で魂のこもらないものになりうると説き、ベネズエラやニカラグアでの危機を嘆いたともいう▼この報道を聞いた時、23日付のポルトガル語の新聞が、10月の大統領選での対立がクリスマスの祝いの雰囲気も壊した例を報じていたのを思い出した。米国在住で、母親を満足させるために一時帰国した青年が、対立候補に投票した親戚と顔を合わせるのを恐れている話や、父母と共に母方の祖母を訪問するつもりだったが、同じ理由で諦めた学生など、具体例が出ていた▼決選投票直後に死傷者も出た事や棄権や無効票が3割を超えたといった報道から思えば、ジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党)支援者とフェルナンド・ハダジ氏(労働者党)支援者との諍いが今も尾を引いているのはわからなくはない。「政党なき学校」という政策に賛否両論がある事もまた然り▼決選投票前後に言論統制や思想統制とも取れる出来事が起きた時も思ったが、言論の自由や異なった思想を持つ権利は全国民に保障されるべきだし、国籍、人種、文化の違いが豊かさを生んだ例が米国やブラジルだ。違いを否定し、自分と同質でない人を拒否すれば、そのような豊かさを生む芽をつむ事になる。ボウソナロ氏は「全国民の大統領になる」と語った。今一度、様々な違いを認め、他者を受け入れる事から、新年の歩みが始まる事を願いたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう2019年1月17日 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう  11月にご主人を亡くされたSさんに会い、あちこちが痛むからスポーツジムで水泳などを始めたと聞いた。これを聞いてすぐ、ご主人の介護などで外出の機会が減り、ビタミンD欠乏症やそれに伴う骨軟化症を起こしかけているのではと考えた。朝早くから夜遅くまで働き、昼食時や休憩時も会社の中とい […]
  • 夫とは好対照な夫人のイメージ2019年1月11日 夫とは好対照な夫人のイメージ  元旦の大統領就任式で、ボウソナロ大統領夫人の株が随分上がった。表に出てきはじめたのが大統領当選後と間もなく、「福音派との結びつきが非常に強い人らしい」という情報しか入ってきていなかった▼だが、そんな彼女がたちまち国民の記憶に残ることを行なった。それが大統領就任式で行な […]
  • ブラジルでイクラが食べられるか?2019年1月15日 ブラジルでイクラが食べられるか?  昨年の暮れ、思い切って〝冒険〟をしてみた。サンパウロ市のメルカード・ムニシパル(R. Cantareira, 306 - Centro)で「ovas de […]
  • 新大統領とは対照的な世界最強女性2019年1月4日 新大統領とは対照的な世界最強女性  伯国で、90年代前半まで「サッカーの次に国際的に強いスポーツは?」と問われたらその答えは「F1」だったもの。だが2000年代後半から、それは「総合格闘技」になりつつある。とりわけそれは2016年から「女子」で顕著になりつつある。現在、「世界で最も強い女性」は伯人だ▼昨 […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボウソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]