ホーム | コラム | 樹海 | 様々な違いは豊かさの源泉

様々な違いは豊かさの源泉

 25日夜、フランシスコ法王がクリスマスメッセージの中で、国籍や文化、宗教、人種、思想などの違いを超えた友愛を説き、「我々が持つ違いは欠陥や危険の源ではなく、豊かさの源泉だ」と語ったとのニュースを聞いた。法王は、愛がなければ、どんなに優れた計画やプロジェクトも、空虚で魂のこもらないものになりうると説き、ベネズエラやニカラグアでの危機を嘆いたともいう▼この報道を聞いた時、23日付のポルトガル語の新聞が、10月の大統領選での対立がクリスマスの祝いの雰囲気も壊した例を報じていたのを思い出した。米国在住で、母親を満足させるために一時帰国した青年が、対立候補に投票した親戚と顔を合わせるのを恐れている話や、父母と共に母方の祖母を訪問するつもりだったが、同じ理由で諦めた学生など、具体例が出ていた▼決選投票直後に死傷者も出た事や棄権や無効票が3割を超えたといった報道から思えば、ジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党)支援者とフェルナンド・ハダジ氏(労働者党)支援者との諍いが今も尾を引いているのはわからなくはない。「政党なき学校」という政策に賛否両論がある事もまた然り▼決選投票前後に言論統制や思想統制とも取れる出来事が起きた時も思ったが、言論の自由や異なった思想を持つ権利は全国民に保障されるべきだし、国籍、人種、文化の違いが豊かさを生んだ例が米国やブラジルだ。違いを否定し、自分と同質でない人を拒否すれば、そのような豊かさを生む芽をつむ事になる。ボウソナロ氏は「全国民の大統領になる」と語った。今一度、様々な違いを認め、他者を受け入れる事から、新年の歩みが始まる事を願いたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]
  • 「言葉の力」を大切に2019年6月20日 「言葉の力」を大切に  知人との会話の中で、「言葉の力」という言葉が出てきた。「愛」「感謝」といった言葉を書いた紙の上に水の入った入れ物を置いておくと、水の分子が雪の結晶のようなきれいな形になり、水質もよくなるが、「憎しみ」「怒り」といった言葉を書いた紙の上だと、分子はきれいな形にはならないという内 […]
  • 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎2019年6月18日 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎  「本にして残せば、その記録は永遠に生きていく、というのが私の信念です」――日本では数少なくなってきた地方出版、その雄ともいえる秋田県の(有)無明舎出版の安倍甲社長(あんばい・はじめ、69、秋田県秋田市在住)が着伯した14日に来社した際、そんな印象に残る言葉を残した。 […]
  • 400年前に黒船を作り対欧外交した支倉常長2019年6月11日 400年前に黒船を作り対欧外交した支倉常長  4月に県連故郷巡り一行はカリフォルニア州のコルマ日本人墓地で、咸臨丸の水夫3人の墓を見学した。その際、連載記事で《咸臨丸は1860年2月10日にサンフランシスコに到着した。38日間で8573キロを渡る大航海であり、日本人最初の太平洋横断だった》と書いたが、大変な間違い […]