ホーム | 日系社会ニュース | アルゼンチンのコロナウイルス=隔離から今日までの動向

アルゼンチンのコロナウイルス=隔離から今日までの動向

【らぷらた報知4月2日付】128人が新型コロナの感染者となり、国では、国内での症例の増加の可能性による人々の移動を防ぐために、アルゼンチン政府は、外出禁止令を発動しパンデミアの防止または伝染速度を出来るだけ遅くし医療崩壊を防ぐ為、懸命に動いている。
 【3月3日】第1日、アルゼンチンに新型コロナ国内初の患者、男性43歳。ミランに滞在しアルゼンチンに帰国し確認。
【3月7日】新型コロナで第1死亡
【3月9日】感染者確認チャコ、リオネグロ、サン・ルイス
【3月10日】アルゼンチン航空ローマ、オルランド、マイアミ行きを中止。政府17億ペソを病院と研究所予算 認可
【3月11日】パンデミア予防に世界銀行3千万ドル米クレジット発行
【3月12日】1カ月間飛行中止、ヨーロッ パ、北米、日本、中国、イラン、韓国
【3月13日】2人目死亡
【3月16日】3月31日まで臨時休校、15日間国境閉鎖、60歳以上休職許可、60歳以上、妊婦をリスクグループと認 可
【3月17日】最低年金受給者3000ペソ特別配当、AUH3100ペソ配当
【3月18日】3人目死亡
【3月19日】基本活動(健康、保安)を除き全国に外出禁止令発動、医療機関従業者に感謝を表する(1日目)
【3月21日】6人目死亡
【3月23日】初国内感染、4月モノトゥリ ブリスタAyB360万人に1万ペソ配当
【3月24日】2人死亡し計6人
【3月25日】2人死亡し計8人
【3月26日】87人感染し、計589人、4人死亡し、計12人、国境完全封鎖

image_print

こちらの記事もどうぞ