ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ=女性州議の自動車に銃弾4発=昨年末に暗殺を予告される

リオ=女性州議の自動車に銃弾4発=昨年末に暗殺を予告される

 13日午前、リオ州議で元リオ州市警司令官のマルタ・ロシャ氏(民主労働党・PDT)を乗せた自動車が4発の銃撃を浴びる事件が起きた。防弾車だったこともあり、死者は出なかったが、殺害未遂が疑われている。14日付現地紙が報じている。
 この銃撃で、マルタ氏の運転手のジェオニジオ・メデイロス氏が弾の破片で足に負傷したが、病院で治療を受けただけで済んだ。同乗していたマルタ氏と同氏の母(88)は無事だった。
 マルタ氏はこの日、チジュッカ区の教会のミサに行くため、ペーニャ区に住む母を迎えに行ったが、その際に運転手が、黒い手袋、黒い覆面の不審な男が乗った白い車が後方からついて来ていることに気付き、マルタ氏に注意を呼びかけた。
 すると、ひとりの男が車から身を乗り出し、マシンガンでマルタ氏らの乗った車を銃撃しはじめたという。車は銃弾4発を受けたが、運転手が機転を利かせてルートを変え、運動クラブの中に車を乗り入れて助けを求めたため、犯人たちは逃げていったという。
 マルタ氏によると、同氏は昨年11月に、ミリシアから殺害予告を受けていたという。
 リオ市では、昨年3月も、市会議員のマリエーレ・フランコ氏が、自動車で移動中に銃撃を浴び、運転手と共に殺害される事件が起きている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》リオ市で暴風雨、6人死亡=1カ月分以上の雨が一晩で=倒木も市内で120カ所以上2019年2月8日 《ブラジル》リオ市で暴風雨、6人死亡=1カ月分以上の雨が一晩で=倒木も市内で120カ所以上  リオ・デ・ジャネイロ市で6日夜に暴風雨が発生し、6人の死者が出たと6、7日付現地各紙・サイトが報じた。  暴風雨は午後8時半頃に発生、リオ市は大雨注意報を出したが、午後10時15分には警戒度最大の大雨警報に強化された。  バーラ・デ・グアラチリーバで2人、巨大フェ […]
  • リオ市=大雨で大通りにワニ出現=轢かれそうになるも無事保護2018年11月27日 リオ市=大雨で大通りにワニ出現=轢かれそうになるも無事保護  25日から26日にかけて大雨に見舞われ、2時間で1カ月分を超える雨が降ったところも出たリオ市で、25日夜、大通りにワニが出現し、ほとんど轢かれそうになるという事件が起きた。  ワニが現れたのは、リオ市西部のバーラ・ダ・チジュッカのアイルトン・セナ大通りだ。リオ市では […]
  • 《リオ市》早くもクリスマスツリー登場=過去最大の高さ65メートル2018年11月7日 《リオ市》早くもクリスマスツリー登場=過去最大の高さ65メートル  リオ市西部のバーラ・ショッピングに、同市では過去最大となる、高さ65メートルのクリスマスツリーが登場した。  120トンの資材を投じ、45日間かけて造られたというツリーは、20階建てのビルを超える高さだ。このツリーはアメリカス大通り沿いの駐車場に設置され、来年の1月 […]
  • リオ市警=軍隊で使う対空機銃を押収=1分間に400~600発連射?2018年9月22日 リオ市警=軍隊で使う対空機銃を押収=1分間に400~600発連射?  リオ市警が19日、リオ市のバーラ・ダ・チジュッカ区で、全長1・68メートル、重さ38キロという超大型の対空機銃を押収した。  市警によると、押収されたのは、ブローニング50と呼ばれる米国製の対空機銃で、1分間に400~600発を発射出来る。射程距離は1800メートル […]
  • リオ美容整形変死事件=不審医師親子逮捕される=居直り発言のビデオ公表2018年7月21日 リオ美容整形変死事件=不審医師親子逮捕される=居直り発言のビデオ公表  14日にリオ市でヒップ矯正の美容整形を受けた患者が15日に変死した事件で、執刀したデニス・セーザル・バロス・フルタード容疑者が、19日に助手をつとめた母親と共に逮捕されたが、なおも居直りの発言を行うなど抗議していることがわかった。20日付現地紙が報じている。  フルタード容 […]