ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》モロ法相が反汚職法案を準備=カイシャ・ドイス厳罰化狙う=〃すねに傷〃のロレンゾーニ官房長官との兼ね合いいかに

《ブラジル》モロ法相が反汚職法案を準備=カイシャ・ドイス厳罰化狙う=〃すねに傷〃のロレンゾーニ官房長官との兼ね合いいかに

セルジオ・モロ法相(Marcello Cadal Jr./Ag. Brasil)

セルジオ・モロ法相(Marcello Cadal Jr./Ag. Brasil)

 ボウソナロ新大統領(社会自由党・PSL)の主要公約の一つ、「汚職撲滅」の推進役として抜擢されたセルジオ・モロ新法相が、選挙資金の裏帳簿(通称カイシャ・ドイス)を犯罪として定義づける事を意図し、議会に反汚職法案を提出する準備を進めていると、13日付現地紙が報じた。
 モロ法相は、選挙裁判所に申告してない金(カイシャ・ドイス)を選挙に使う事を明確に犯罪と定義し、その罪も重くする事を狙っている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ