ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ケイロス疑惑=ボウソナロ氏の長男が捜査差止請求=最高裁承認で波紋広がる=廃止求めたはずの特権利用?=支持者からも大きな落胆の声

《ブラジル》ケイロス疑惑=ボウソナロ氏の長男が捜査差止請求=最高裁承認で波紋広がる=廃止求めたはずの特権利用?=支持者からも大きな落胆の声

フラヴィオ氏(Wilson Dias/Agência Brasil)

フラヴィオ氏(Wilson Dias/Agência Brasil)

 最高裁のルイス・フクス判事は17日、ボウソナロ大統領の長男フラヴィオ次期上議(社会自由党・PSL)からの訴えを受け、同氏のリオ州議時代の元職員、ファブリシオ・ケイロス氏の口座への疑惑の振込みに関する金融活動管理審議会(COAF)の捜査を一時的に差し止める命令を出した。この件が大きな波紋を投げかけている。18日付現地紙が報じている。

 ケイロス氏の口座に2016年1月から17年1月にかけて、同じくフラヴィオ氏の職員として登録されていたケイロス氏の妻や2人の娘からのものを含む合計約120万レアルに上る疑惑の振込みがあったことは、昨年12月にCOAFが明らかにした。この件は、リオ州議会で横行していたとされる、州議への毎月の贈賄スキャンダルと関連するものではという疑惑を生むと共に、フラヴィオ氏が複数の幽霊職員を雇っていた疑いもささやかれていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ