ホーム | 日系社会ニュース | ロンドリーナ邦人厚生会慰霊法要=30人の日系人の遺骨を弔う

ロンドリーナ邦人厚生会慰霊法要=30人の日系人の遺骨を弔う

中川渡さん、田中夫人、西森鉄雄さん、木村厚生会会長、中川芳則さん、リーノ神父、杉本夫人、田中さん、中川芳則さんの姪、杉本家長女(右から)

中川渡さん、田中夫人、西森鉄雄さん、木村厚生会会長、中川芳則さん、リーノ神父、杉本夫人、田中さん、中川芳則さんの姪、杉本家長女(右から)

 終戦後、北パラナのロンドリーナ市は「コーヒーの都」として驚異的な発展を遂げた。しかし地方からの流浪人、生活困窮者も増え、その救済を目的として伊東達馬、岡崎仙次氏等の有力者が「ロンドリーナ邦人厚生会」を1955年に発足させた。
 さらに64年にはロンドリーナ中央墓地(サンペドロ墓地)に納骨堂を建立し、現在では市役所に登録されている10人の他20人、併せて30人の日系人の遺骨が収容されている。
 昨年の日本移民110周年に当たり、当時の委員も殆どが亡くなり、生き残りの中川芳則氏が結婚60周年と卒寿を迎えたため、厚生会の名で慰霊法要を申し出た。同会の木村保会長も賛同し、去る12月19日、イマクラダ・コンセイソン教会のリーノ神父によって、慰霊法要がしめやかに執り行われた。
 木村会長は慰霊碑を前に、「もう少し早く慰霊法要は実施すべきであったと感じています。日本移民110周年に当たり、心よりご冥福をお祈りします」と埋葬者30人の名前を一人ひとり読み上げて各自の冥福を祈った。
 30人の中には、身分証明書も無く葬られた人もあり、唯一『ガリンペイロ体験記』の筆者、杉本有明さんだけが「ブラジルに移住して、志半ばにして病に倒れた同胞達だ。あの世で慰めてやりたい」と生前から語っていたため、杉本家では本人の遺志を尊重して遺灰を納めている。当日の法要には、杉本夫人と長女も姿を見せ、7年前に亡くなった故人を偲んでいた。(中川芳則ロンドリーナ通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 新年会に150人集まる=南大河州の鹿児島県人会2019年2月22日 新年会に150人集まる=南大河州の鹿児島県人会  第39回南大河州鹿児島県人会の新年会がイボチで1月19日(日)に開かれ、約150人が集まり、盛大に祝いました。  新会長の笹田ルイスさんは、「20人の役員のおかげで毎年この会が開ける」と謝辞を述べました。  ポルトアレグレの近藤領事事務所長と、ブラジル鹿児島県人会 […]