ホーム | ブラジル国内ニュース | ベネズエラ=グアイド議長が大統領代行宣言=米国、ブラジルなどが揃って承認

ベネズエラ=グアイド議長が大統領代行宣言=米国、ブラジルなどが揃って承認

大統領代行だと宣言したグアイド国民会議議長(CARLOS GARCIA RAWLINS)

大統領代行だと宣言したグアイド国民会議議長(CARLOS GARCIA RAWLINS)

 10日に大統領就任式を強行したベネズエラのニコラス・マドゥーロ氏に対し、同氏の再選は無効とする風潮が国内外で広がっていたが、同国国民議会のフアン・グアイド議長が23日、「自分が同国の大統領代行である」と宣言。米国やブラジルなどが次々にそれを承認している。
 ベネズエラでは以前から、反体制派が23日にマドゥーロ政権に対する抗議行動を予定していた。また、21日には軍兵士の一部が反乱を起こし、「マドゥーロ氏を認めるな」「路上に繰り出せ」と呼びかけるビデオを流し、体制派の軍兵士らに逮捕される事件が発生。22日も反体制派の抗議行動が続いていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ