ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ゲデス経済相、ダヴォス会議で必死の経済政策PR=1・3兆レの支出削減も?=軍人年金関連も、正副大統領が発言

《ブラジル》ゲデス経済相、ダヴォス会議で必死の経済政策PR=1・3兆レの支出削減も?=軍人年金関連も、正副大統領が発言

ゲデス経済相(Alan Santos/PR)

ゲデス経済相(Alan Santos/PR)

 【既報関連】ボウソナロ大統領と共にダヴォス会議に参加しているパウロ・ゲデス経済相は23日、現行の法人税率を平均34%から15%に引き下げる方針を示したと24日付ブラジル各紙が報じている。
 同経済相は、財源として、これまで非課税、または、税率の低かった株主配当金への課税を検討している。経済相は、この目的を、「国外からの投資資金をブラジルに誘い込むため」と語った。この発言により、23日の為替は1・13%ドル安の1ドル=3・76レ、株価も1・53%高の9万6558ポイントで取引を終えた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ