ホーム | ブラジル国内ニュース | レアル・マドリッド=ファンの多くがヴィニシウス・ジュニオルの先発起用継続を希望

レアル・マドリッド=ファンの多くがヴィニシウス・ジュニオルの先発起用継続を希望

ソラーリ監督が賞賛したことを報じる25日付グローボエスポルテの記事の一部

ソラーリ監督が賞賛したことを報じる25日付グローボエスポルテの記事の一部

 ブラジルサッカー界の期待のホープ、ヴィニシウス・ジュニオルが、1月に入り、世界一の強豪レアル・マドリッドで先発出場を続けている。彼がまだ18歳6カ月であることを考えると、これは快挙だ。
 ヴィニシウスの台頭は、レアル・マドリッドの監督が、サンティアゴ・ソラーリ氏に変わったことが大きいが、それに加えて、チームの得点源でもあるガレス・ベイルが怪我で戦列を離れていたことが大きかった。
 ヴィニシウスはチャンスを生かし、1月6日のスペイン・リーグのレアル・ソシエダ戦で先発出場。以降、1月はリーグ戦4試合、国王杯3試合の計7試合に左ウイングで先発出場した。その間の得点は9日の国王杯での1点のみだが、アシスト数は既に6に達するなど、積極的なプレーが高く評価されている。
 ベイルは27日に行われた試合から戦列復帰したが、スポーツ・サイトのESPNは「ベイルは先発に戻るべきか?」とのアンケートをネットで行った。
 すると、回答者の内、「戻るべきでない」と答えた人が、過半数超えの54・10%に至った。
 その背景には、ベイルが怪我で戦列を離れることが多いことにファンが不満を抱いていることがあげられている。
 また、36・9%の人が「ベイルが先発に戻るならサブに戻るのはルーカス・バスケス」と、ベイルの右ウイングでの復帰を希望した。
 「ベイルが左ウイングに戻り、ヴィニシウスがベンチ行き」と答えた人はわずか8・91%に過ぎなかった。
 ヴィニシウスが先発に定着してからの7試合、レアルは5勝2敗と好調だ。
 ソラーリ監督はヴィニシウスに関して、「成長の早さに驚いている」とも語っている。(25日付グローボエスポルテ、29日付ESPNより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月27日 東西南北  22年の大統領選への出馬が有力と見られているテレビ司会者のルシアノ・フッキ。彼の大統領選出馬に関しては2014年の選挙時から噂があり、「3度目の正直」ということで、今回は本当に出馬するのではないかと見られている。だが、その矢先に「グローボ局と2025年まで契約延長」との報道も […]
  • 《記者コラム》ワクチン接種完了に4年かかる?!=高所得国で打たない分回して=世界で圧倒的に不平等な配分2021年2月23日 《記者コラム》ワクチン接種完了に4年かかる?!=高所得国で打たない分回して=世界で圧倒的に不平等な配分 保健相「年末までに全国民に接種する」  バズエロ保健相は上院の公聴会で11日、「ワクチン可能な国民の50%を6月までに、残りは年末までに接種したい」と大見得を切ったのを聞き、耳を疑った。  どういう計算をしたら、そんなことが言えるのか。「どうせ分らないだろう」と国民 […]
  • 東西南北2021年1月30日 東西南北  今日30日午後5時から、リオ市マラカナンでサッカーのリベルタドーレス杯の決勝戦、パルメイラス対サントス戦が行われる。この2チームはオールド・ファンにはおなじみの老舗中の老舗チームだ。1960年代のサントスにはペレが在籍し、黄金時代を築いたが、その時代はパルメイラスの黄金期でも […]
  • 東西南北2020年12月22日 東西南北  グローボ局のノヴェーラで「おばあちゃん女優」として有名なニセッテ・ブルーノが20日、リオ市南部の病院の集中治療室でコロナウイルス感染症により亡くなった。87歳だった。1933年生まれのニセッテは20代だった50年代に夫と共に劇団を旗揚げし、テレビ草創期のノヴェーラでも活躍。グ […]
  • 《ブラジル》ロビーニョが強姦容疑で2審有罪=その後もあがる怪しい証拠2020年12月15日 《ブラジル》ロビーニョが強姦容疑で2審有罪=その後もあがる怪しい証拠  元ブラジル代表のサッカー選手、ロビーニョ(36)が、10日にイタリアのミラノで行われた集団強姦容疑の2審裁判で、1審同様、9年の実刑判決を言い渡された。この裁判の後も、この事件に関する疑惑が次々と報じられている。11〜14日付現地紙などが報じている。  この裁判は、 […]