ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 30日付フォーリャ紙によると、ボルソナロ政権内で、ボルソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボルソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか。もっとも、モウロン氏の場合、イスラエル大使館の場所をエルサレムに移すことに慎重だったり、ボルソナロ氏の長男のフラヴィオ氏のスキャンダルへの見解で厳しいことを言うなど、より世論に近いことを言っている印象が強いが。政権内を冷静に客観視する存在はやはり必要では。
     ◎
 28日午後3時頃、サンパウロ市モノレール15号線のサンルーカス~ヴィラ・ユニオン駅間で、電力を供給する部品の一部が外れ、高さ15メートルのところで宙吊りになる状態が生じた。同線はこの影響で、29日朝8時10分頃まで減速運転を強いられた。同線では29日も午後11時頃、ジャルジン・プラナウト駅で空の車両同士が衝突する事故も発生。サンパウロ州は現在、一連の事故が起きた原因を調査中だ。工事が大幅に遅れている上、部分開通した区間で事故が起こるのでは市民の信用は得にくいのでは。
     ◎
 チリで開催中のサッカーのU20W杯南米予選は、29日から決勝リーグに突入。ブラジル代表はコロンビアと対戦したが、両チームとも得点がなく、0―0で引き分けた。同予選では、現在まで残った6チーム中、4チームまでがW杯に行ける。残り4試合、調子を上げてなんとか進出を決めたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年6月14日 東西南北  このところ話題のハッキング被害を受けて、ボルソナロ大統領はワッツアップやテレグラムといったアプリを使った通話をやめることにしたという。ただでさえ、ツイッターでの問題発言が多い大統領だけに、より一層の注意が必要か。また、13日は下院で社会保障制度改革のための特別委員会があったか […]
  • 東西南北2019年2月6日 東西南北  サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見 […]
  • コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦2019年1月29日 コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦  6月14日に開幕する、サッカー南米選手権(コパ・アメリカ)のグループ・ステージ組み合わせ抽選会が24日夜にリオで行われ、開催国のブラジル代表(セレソン)は、ボリビア、ベネズエラ、ペルーと共にAグループに入ったと25日付ブラジル各紙が報じた。  この大会は、南米サッカ […]
  • 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る2019年1月23日 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る  17日よりチリで開催されている、U20サッカー南米選手権。南米大陸ナンバーワンの座と、5月に開催されるU20W杯の出場権をかけて、10カ国が争う。  サンパウロFCでプロデビュー、ブラジル国内ではサントスやコリンチャンスでもプレー、その後は日本の柏レイソルや清水エス […]
  • サンパウロFC=次期大統領めぐり見解真っ二つ=嘆くかつての名選手と、喜ぶ現役選手2018年11月7日 サンパウロFC=次期大統領めぐり見解真っ二つ=嘆くかつての名選手と、喜ぶ現役選手  極右のジャイール・ボルソナロ氏が大統領選に当選したことは、ブラジル社会を二分する出来事になっているが、それはサッカーの名門、サンパウロFCでも同様だ。  サンパウロFCが全盛期だった90年代前半の立役者で、94年W杯のブラジル代表(セレソン)優勝メンバー、現在はサン […]