ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》モロ法相、犯罪防止法案発表=汚職や組織犯罪を厳罰化=一筋縄でいかない議会承認

《ブラジル》モロ法相、犯罪防止法案発表=汚職や組織犯罪を厳罰化=一筋縄でいかない議会承認

セルジオ・モロ法相(Marcelo Camargo/Ag. Brasil)

セルジオ・モロ法相(Marcelo Camargo/Ag. Brasil)

 ボウソナロ新政権の主要課題の一つ、「汚職撲滅、治安改善」を託されたセルジオ・モロ法相は4日、「犯罪防止法案」(Lei Anticreme)を発表したと、5日付現地各紙が報じた。法案には、組織犯罪、汚職、暴力犯罪に対抗する14の法改正が含まれている。

 具体的な内容は「文書偽造罪で処理されてきた選挙時の闇帳簿(カイシャ・ドイス)を独立した罪とする」、「2審判決が出た直後からの禁固刑開始」、「銃撃戦で犯罪者を殺害した場合の警察官の罰を緩和する」、「汚職、公金横領、被害者を死傷させた強盗犯の自宅禁固刑を認めない」などだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ