ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 在サンパウロ総領事館(野口泰総領事)は、政策論議『激動の世界における日本の選択肢―トランプ時代の舵取り』を13日午後6時15分から、ジャパン・ハウス(Avenida Paulista, 52)で行う。入場無料、要申込み。使用言語は英語で、ポ語の同時通訳あり。講師には、中山俊宏慶応義塾大学総合政策学部教授を迎え、米中貿易戦争により激動化する世界情勢における日本外交等について講演する。その後、国際政治学者のマチアス・スペクトル氏、ジャーナリストのロリヴァル・サンタナ氏と鼎談が行われる。中山教授は、アメリカ政治外交、政治思想は専門であり、トランプ政権の外交政策について疑問をぶつけるよい機会かも?!申込みする場合は、名前とRGを在聖総領事館(cgjnb@sp.mofa.go.jp)に連絡すること。なお、今講演は、翌14日午前10時から、フェルナンド・カルドーゾ・エンヒケ財団6階(Rua Formosa, 367)でも行われる。申込みは、同財団HP(https://goo.gl/oA5AF1)にて行うこと。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年4月10日 大耳小耳  日本のプロ野球チーム、高知ファイティングドッグス(FD)は、来年6月にサルバドール在住の伯人、アレサンドロ・フレイタス・デ・ミランダさん(16)を研修生として受け入れる。同地の貧困地域の伯人が日本の野球団に入るのは初めて。FDは、これまでにも海外の若者に夢を与える活動を続けて […]
  • 大耳小耳2019年4月9日 大耳小耳  一般財団法人「日伯協会」(兵庫県神戸市所在)の事務局長、細江清司さんが3月31日付で退任した。メールで届いた退任の挨拶によれば、13年間も勤務したとのこと。後任は、住友ゴム工業株式会社から出向している窪田静磨さんが、常務理事兼事務局長として就任した。なお、細江さんは引継ぎのた […]
  • 大耳小耳2019年4月5日 大耳小耳  3日、ペルー・リマの国会で、日本人移住120周年記念式典が行われた。これを皮切りに祭典事業が開始される。ペルー移民はブラジルよりも歴史が古く、集団移住が始まったのは1899年4月3日。同日は両国の友好の日と制定されており、毎年、国会で式典が開かれているという。当日は、今年7月 […]
  • 大耳小耳2019年4月3日 大耳小耳  1938年に創刊した短歌誌『椰子樹』(椰子樹社、多田邦治代表)の第380号が3月に刊行された。イビウナの瀬尾正弘さんの「元祖となりぬ」10作の先頭には《それぞれに大望いだき移住せしコチア青年二千五百人》。たしかに子孫からすれば、一世は全員元祖だ。《移民老い縦書読者消え失せてつ […]