ホーム | ブラジル国内ニュース | ペレがイングランド名GKの死悼む=「私のシュートを止めてくれてよかった」

ペレがイングランド名GKの死悼む=「私のシュートを止めてくれてよかった」

ゴードン・バンクス氏(Christophe95)

ゴードン・バンクス氏(Christophe95)

 元サッカーイングランド代表GKとして、1966年に地元開催のW杯で優勝に貢献、次の70年メキシコ大会ではサッカー史に残るスーパープレーを見せたゴードン・バンクス氏が12日に81歳の生涯を終えたと、12、13日付ブラジルメディアも大きく報じた。
 バンクス氏のスーパープレーは、前回大会優勝国として臨んだ、1970年メキシコW杯一次リーグのイングランド対ブラジル戦で飛び出した。
 ブラジルは前半18分、右サイドを突破した名手ジャイルジーニョがタッチラインぎりぎりから高速のクロスボールをゴール前のペレに向かって蹴った。決して長身ではないペレは、その類まれなジャンプ力で、イングランドのディフェンダーより頭ひとつ分以上高い所でヘディングシュートを放った。
 「キーパーが取りにくいように、地面に叩きつける」―まさに教科書通りの完璧なヘディングだった。誰もがブラジルの先制点を確信した瞬間、バンクスは素早い反応でボールに飛びつき、ラインギリギリのところでボールをかきだし、コーナーキックに逃れた。このシーンは世界サッカー史に残る名シーンとして語り継がれている。
 これが縁で親交を深め、引退後もバンクス氏と友情を育んだペレは、「70年W杯のプレーは最高だった。私はキャリアの中で数え切れないほどのゴールを決めたが、バンクスが止めたせいで“決まらなかったゴール”について何回も人々から質問されたものだ。彼は人間的にも最高だった。彼と友情を築けた事を嬉しく思う。ご冥福をお祈りします」と、フェイスブックに投稿した。(2月12、13日付フェイスブック、フォーリャ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • ペレの次に偉大な選手は?=ロナウド、ジーコの順=ネイマールはようやく7位2019年2月19日 ペレの次に偉大な選手は?=ロナウド、ジーコの順=ネイマールはようやく7位  「ペレの次に偉大なブラジルの選手は?」。これは、ブラジル国内のサッカーファンの間でよく起こる議論だが、いままでは定番といえる見解はなかった。  そんななか13日、現地サッカー専門誌「プラカー」がその答を勝手に「ネイマール」としてしまったために物議をかもし、「そんなは […]
  • 《ブラジルサッカー》U20W杯出場を逃す=最終ラウンドで5位に終わり2019年2月12日 《ブラジルサッカー》U20W杯出場を逃す=最終ラウンドで5位に終わり  チリで行われた、サッカーU20南米選手権の最終ラウンド第5節で、U20ブラジル代表はアルゼンチンに1対0で勝利した。しかし、最終ラウンド5試合の総合成績は1勝2分2敗の勝ち点5、6チーム中5位に終わり、上位4位までに与えられるU20W杯(5―6月、ポーランド開催)の出 […]
  • 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯2019年2月9日 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯  チリで行われているサッカーU20南米選手権の最終ラウンド第4節で、ブラジル代表は7日のエクアドル戦に0対0で引き分け、最終ラウンド2分2敗の勝ち点2で最下位となり、上位4位までに与えられるU20W杯(5―6月、ポーランド開催)の出場権獲得が極めて厳しくなった。  同 […]
  • コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦2019年1月29日 コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦  6月14日に開幕する、サッカー南米選手権(コパ・アメリカ)のグループ・ステージ組み合わせ抽選会が24日夜にリオで行われ、開催国のブラジル代表(セレソン)は、ボリビア、ベネズエラ、ペルーと共にAグループに入ったと25日付ブラジル各紙が報じた。  この大会は、南米サッカ […]