ホーム | ブラジル国内ニュース | ペレがイングランド名GKの死悼む=「私のシュートを止めてくれてよかった」

ペレがイングランド名GKの死悼む=「私のシュートを止めてくれてよかった」

ゴードン・バンクス氏(Christophe95)

ゴードン・バンクス氏(Christophe95)

 元サッカーイングランド代表GKとして、1966年に地元開催のW杯で優勝に貢献、次の70年メキシコ大会ではサッカー史に残るスーパープレーを見せたゴードン・バンクス氏が12日に81歳の生涯を終えたと、12、13日付ブラジルメディアも大きく報じた。
 バンクス氏のスーパープレーは、前回大会優勝国として臨んだ、1970年メキシコW杯一次リーグのイングランド対ブラジル戦で飛び出した。
 ブラジルは前半18分、右サイドを突破した名手ジャイルジーニョがタッチラインぎりぎりから高速のクロスボールをゴール前のペレに向かって蹴った。決して長身ではないペレは、その類まれなジャンプ力で、イングランドのディフェンダーより頭ひとつ分以上高い所でヘディングシュートを放った。
 「キーパーが取りにくいように、地面に叩きつける」―まさに教科書通りの完璧なヘディングだった。誰もがブラジルの先制点を確信した瞬間、バンクスは素早い反応でボールに飛びつき、ラインギリギリのところでボールをかきだし、コーナーキックに逃れた。このシーンは世界サッカー史に残る名シーンとして語り継がれている。
 これが縁で親交を深め、引退後もバンクス氏と友情を育んだペレは、「70年W杯のプレーは最高だった。私はキャリアの中で数え切れないほどのゴールを決めたが、バンクスが止めたせいで“決まらなかったゴール”について何回も人々から質問されたものだ。彼は人間的にも最高だった。彼と友情を築けた事を嬉しく思う。ご冥福をお祈りします」と、フェイスブックに投稿した。(2月12、13日付フェイスブック、フォーリャ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 《ブラジル》サッカー代表の日当が男女同額に=世界の女子選手が大喜び2020年9月5日 《ブラジル》サッカー代表の日当が男女同額に=世界の女子選手が大喜び  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は2日、代表(セレソン)選手に対する日当とゲームでの賞金(褒賞)を男女同額にすると発表した。3日付現地紙が報じている。  CBFのロジェリオ・カボクロ会長が2日の会見で明らかにした。それによると、CBFではすでに3月から、代表選手に対する日当 […]
  • 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に2020年9月3日 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に  コリンチャンスのホームスタジアム、通称「イタケロン」が、2040年までの20年間「ネオ・キミカ・アレーナ」と呼ばれる事になった。サンパウロ市東部にあり、2014年W杯の開会式と開幕戦にも使われた。  コリンチャンスは1日に創立110周年を迎えたサッカーの名門チーム。 […]
  • 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程2020年7月22日 《南米サッカー》リベルタドーレス杯9月再開=他大会が同時並行の強行日程  サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯が9月15日から再開されることが20日、正式発表された。21日付現地サイトが報じている。  今年のリベルタドーレス杯は、3月のグループ・リーグ中に新型コロナウイルスの感染爆発が起きて、各チームが第2節を終えた3月12日を最後 […]