ホーム | 日系社会ニュース | 苦労が滲んだご在位30年=慰霊の旅を続けた今上陛下

苦労が滲んだご在位30年=慰霊の旅を続けた今上陛下

山城さん

山城さん

 「もう、ダメか」――病床にて最期の瞬間まで沖縄に思いを寄せ、ご訪問叶わずに崩御された昭和天皇。その遺志を継がれ、地上戦で20万人以上が犠牲となった沖縄に計11回訪れ、慰霊の旅を続けてこられた今上陛下に特別な思いを寄せる人がいる。
 沖縄県人会元会長で、糸満市米須出身の山城勇さん(90、沖縄県)だ。山城さんは、満蒙開拓青年義勇軍に入隊し、終戦後は大連で2年間の避難生活を経験した。本土に引き上げた後、58年に渡伯。激戦地となった沖縄からは、戦後だけでも約1万人がブラジルに渡っている。
 「最初に両殿下が訪問された75年には、ひめゆりの塔に献花される際、過激派が火炎瓶を投げつけるという事件が発生した。皇室に対する複雑な感情がまだ残っていた時代だった」と重い口を開く。
 だが、その事件の晩、殿下は談話をご発表された。《払われた多くの尊い犠牲は、一時の行為や言葉によってあがなえるものでなく、人々が長い年月をかけてこれを記憶し、一人一人、深い内省の中にあって、この地に心を寄せ続けていくことをおいて考えられません》。そう決意を示され、その言葉を忠実に実行されてきたのだ。
 山城さんが陛下に拝謁したのは、87年に県知事からの招待を受けて参加した沖縄国体。病床にあった昭和天皇の名代として臨席された当時の皇太子殿下を拝し、「大きな感激だった」と言う。
 「遥々沖縄まで何度も足を運んで下さった陛下には大変親近感を感じている。昭和を引き継いだ平成は短かったという感もあるが、日本の象徴として余にも大きな重責を背負われ、苦労の滲んだ30年間だったのでは」と思いを馳せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 広島風お好み焼きに大行列=2時間待ち、迅速化に課題2019年6月13日 広島風お好み焼きに大行列=2時間待ち、迅速化に課題  ブラジル広島文化センター(吉広ロベルト貞夫会長)は「第4回広島風お好み焼き祭り」を9日に、聖市リベルダーデ区の同会館で開催し、午後2時には売り切れの大人気を博した。同時に、2時間待ちの行列ができるなど調理の迅速化に課題を残した。  午後3時まで販売する予定だったが、 […]
  • 日本移民と皇室の深い絆語る=二宮正人さんJHで講演会=大統領通訳、コロニアを代弁=「毎年お茶にお誘い頂く」2019年5月22日 日本移民と皇室の深い絆語る=二宮正人さんJHで講演会=大統領通訳、コロニアを代弁=「毎年お茶にお誘い頂く」  「上皇上皇后両陛下のおぼしめしで、3人の内親王殿下はみな、ブラジルを最初の公式訪問国にしておられます。そのお一人が今回、天皇陛下にご即位されました」――歴代の大統領通訳として皇室と深い面識を持つ二宮正人サンパウロ総合大学(USP)法学部教授は5月9日晩、聖市のジャパン […]
  • ■訃報■ハワイ報知社元社長 ポール・円福昭道氏2019年6月4日 ■訃報■ハワイ報知社元社長 ポール・円福昭道氏  【ハワイ報知5月22日付】ハワイ報知新聞社の元社長、ポール・円福昭道(ポール・えんぷく・しょうどう)氏が5月20日午後2時32分、病気のため米国ホノルル市モイウェイ1339番地の自宅で死去した。オアフ島カフク生まれ。92歳。葬儀・告別式の日取りは未定。  1931年 […]
  • 新時代到来へコロニアの声=平成に感謝! 令和に期待!=「コクエラまで来られた両陛下に心から感謝」2019年5月1日 新時代到来へコロニアの声=平成に感謝! 令和に期待!=「コクエラまで来られた両陛下に心から感謝」  「天皇陛下がブラジルに来られたのは、良い思い出です」――ニコニコと人懐っこい笑顔を見せたのは、モジ秋祭りに参加していた斉藤マリオさん(83、二世)。78年に皇太子同妃両殿下(当時、現上皇上皇后両陛下)がご来伯した際、モジ市最古の入植地コクエラで日本人会の役員を務めてい […]
  • ■ひとマチ点描■海を越えた家族の絆2019年5月14日 ■ひとマチ点描■海を越えた家族の絆  「NHK全国俳句大会」では、パラー州都ベレン市在住の下小薗秋風さんは海をまたいで俳句の競作を家族で楽しんでいる。今年の第20回大会では4人とも仲良く佳作に入選したという。  メンバーは下小薗さんと妻そのさん、茨城県に住む姉と鹿児島県に住む妹の四人だとか。 […]