ホーム | 日系社会ニュース | 「ワッツアップ使えなくなる?」=2012年以前に買った人要注意

「ワッツアップ使えなくなる?」=2012年以前に買った人要注意

アンドロイド端末のバージョンを確認する手順の一例。機種により変わる

アンドロイド端末のバージョンを確認する手順の一例。機種により変わる

 チャットアプリのワッツアップが11月1日からアンドロイド携帯のオペレーションシステム(OS)が4・0・4以前のバージョンのサポートを終了する。ちなみに最新のOSは11。
 同じセルラーを引き続き使用する場合はシステムを4・1以降に更新するか、OSが対応している新しい携帯に変えてデータを引き継ぐ必要がある。
 サポートが終了するアンドロイド4・0・4は、2012年3月に発表されたバージョン。大雑把に言えば、2012年以前に買ったセルラーでワッツアップをしている人は要注意だ。
 簡単なのは新しいセルラーを購入して、若い人や子供などに「古い携帯のワッツアップを引き継げるように設定してくれ」と頼むのが現実的だ。グーグル・アカウントを作ってデータ保存する設定にしておくと、新携帯へのデータ引継ぎが楽になる。
 アンドロイド機種の携帯ならOS4・1以降、アップル携帯ならばOSが10以降、このほかKaiOSなら2・5・1が以降であることが必要だ。
 携帯のOS確認方法は設定(歯車や工具の形のアイコン)から確認ができる。持っている機種によって多少表記や手順が変わる。
(1)設定を開く
(2)端末情報をタップ
(3)ソフトウェア情報をタップするとアンドロイドバージョンを確認できる。
 設定をタップした後、「端末情報」の項目がない場合は、「システム」をタップすると「端末情報」の項目が出てくる機種や、「デバイス情報」などという表記の機種もある。
 アイフォンのOSバージョンの確認方法は「設定(歯車のアイコン)」をタップし、次の画面で「一般」を選択した後、「情報」をタップすると確認できる。
 

image_print

こちらの記事もどうぞ