ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》21年のU20W杯招致にも意欲=今年10月にはU17W杯開催

《ブラジル》21年のU20W杯招致にも意欲=今年10月にはU17W杯開催

2014年W杯のために作られたスタジアムの一部は持て余し気味(参考画像・Vladimir Platonow/Agência Brasil)

 ブラジルが2021年のU20W杯の招致を目指していることが明らかになった。
 2年おきに開催され、今年はポーランド開催だった同大会の2年後の開催を巡っては、ブラジルの他に、ペルー、インドネシア、ミャンマー、タイの2カ国共催、サウジアラビア、バーレーン、アラブ首長国連邦(UAE)の3カ国共催と、四つのライバルがいる。
 開催を希望する国は8月30日までに開催計画書を国際サッカー連盟に提出しなくてはならない。開催国は10月23、24日に中国の上海で行われるFIFAの総会で発表される。
 2014年にはW杯、2019年にも南米選手権を開催しているブラジルは、今年10月にU17世界選手権を開催することも決まっている。
 ブラジルはさらに、2023年の女子W杯の開催も希望している。(5日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • ペレの次に偉大な選手は?=ロナウド、ジーコの順=ネイマールはようやく7位2019年2月19日 ペレの次に偉大な選手は?=ロナウド、ジーコの順=ネイマールはようやく7位  「ペレの次に偉大なブラジルの選手は?」。これは、ブラジル国内のサッカーファンの間でよく起こる議論だが、いままでは定番といえる見解はなかった。  そんななか13日、現地サッカー専門誌「プラカー」がその答を勝手に「ネイマール」としてしまったために物議をかもし、「そんなは […]
  • サンパウロFC=次期大統領めぐり見解真っ二つ=嘆くかつての名選手と、喜ぶ現役選手2018年11月7日 サンパウロFC=次期大統領めぐり見解真っ二つ=嘆くかつての名選手と、喜ぶ現役選手  極右のジャイール・ボウソナロ氏が大統領選に当選したことは、ブラジル社会を二分する出来事になっているが、それはサッカーの名門、サンパウロFCでも同様だ。  サンパウロFCが全盛期だった90年代前半の立役者で、94年W杯のブラジル代表(セレソン)優勝メンバー、現在はサン […]
  • サッカー=ネイマールとブルーナが破局=理由は大統領選極右候補か?2018年10月22日 サッカー=ネイマールとブルーナが破局=理由は大統領選極右候補か?  人気女優のブルーナ・マルケジーナが18日、長年の恋人でもあるネイマール(26)との恋愛関係を終えたと発表した。  ブルーナはサンパウロで行われたイベントで、ネイマールとの交際の終りを発表した。  ブルーナは「この件に関してはあまり長引かせたくはありません。私と彼( […]