ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市名物映画館=ベラス・アルテスに二度目の閉鎖の危機=スポンサー企業の降板で

サンパウロ市名物映画館=ベラス・アルテスに二度目の閉鎖の危機=スポンサー企業の降板で

 サンパウロの繁華街、パウリスタ大通りとコンソラソン街の角にある、市内有数の名物映画館「ベラス・アルテス」が2度目の閉鎖の危機を迎えている。
 ベラス・アルテスは1943年に「シネ・リッツ」としてオープンし、5年後に「シネ・トリアノン」と改名。67年に「シネ・ベラス・アルテス」の名となった。
 1982年には火災に遭ったが、83年には、米国などと競っていたフランスの有名映画配給会社「ゴーモン・ベラス・アルテス」が経営権を得て、フランスやイタリアなど、ヨーロッパで評判となった映画を提供。質の高い映画を上映する専門の映画館として、映画マニアから一目置かれる存在となった。
 また、同館は他の映画館が行わない、「人気映画の例外的長期上映」を行うことでも知られ、人気作故に1年半上映した作品もあったほどだ。
 だが、90年代に入ると人気に陰りが見られ、一時的に閉鎖の憂き目を見た。2004年に映画監督のアンドレ・ストゥルム氏(後のサンパウロ文化局長)が陣頭指揮をとってHSBC銀行をスポンサーにつけるなどして延命をはかったが、2011年にスポンサーシップを失い、ビルの賃貸料が払えず閉鎖した。このときは、多くのサンパウロの映画ファンが閉鎖に反対した。
 だが2014年5月、ベラス・アルテスはサンパウロ市と連邦貯蓄銀行の協賛を得る形で新装開店。「映画マニアの行く映画館」の座は、比較的近くにあるレゼルヴァ・クウツラルやイタウ・シネマ・アウグスタには一歩譲りつつも、それでもこだわりのセレクションや他の映画館で上映の終わった評判の映画を公開し続けるなどして、好評を博していた。
 だが、この1月、連邦貯蓄銀行は3月いっぱいでスポンサーを降りることを発表した。
 皮肉にもそれは、前述のストゥルム氏がサンパウロ市の文化局長を辞任し、「文化への支出削減」を公約に掲げていたボウソナロ大統領の治世の開始とも重なってしまった。
 ビルの賃貸料は1カ月で200万レアル近く、これをまかなえるスポンサーが出てこないと、ベラス・アルテスの今後も危うい。(1月28日付サンパウロ市公式サイトならびに26日付フォーリャ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=路上生活者が2年間で66%増=失業でやむなくの場合も急増2019年6月25日 サンパウロ市=路上生活者が2年間で66%増=失業でやむなくの場合も急増  サンパウロ市における路上生活者が、2年間で66%と急増傾向にあると、22日付現地紙が報じている。  これはサンパウロ市社会支援局の資料で判明したものだ。それによると、2018年のサンパウロ市内での路上生活者は10万5367人に達したという。  2016年の同調査では6万3 […]
  • サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で2019年6月12日 サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は10日、市中央部(セントロ)ヴァーレ・ド・アニャンガバウーの改修工事を再開すると発表した。11日付現地紙が報じている。  ヴァーレ・ド・アニャンガバウーはセントロの名所の一つで、19世紀から歴史があり、「ヴィラーダ・クウツラル」のメイ […]
  • サンパウロ市俳優殺人事件=殺害容疑者の手配写真=変装を想定して8種類公開2019年6月22日 サンパウロ市俳優殺人事件=殺害容疑者の手配写真=変装を想定して8種類公開  サンパウロ市市警は19日、9日に俳優のラファエル・ミゲルさん(22)とその両親を殺害したパウロ・クペルチーノ・マチアス容疑者(48)が変装して逃亡している可能性を想定した8枚の手配写真を公表した。20日付現地紙が報じている。  マチアス容疑者は、自身の17歳の娘がラファエル […]
  • サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場2019年6月11日 サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場  サンパウロ市では昨年、1日平均62人の教職員が、精神的な問題を理由に休職したと、10日付現地紙が報じている。  これは、情報公開法に基づいてサンパウロ市役所の各部局を対象に行った調査で判明したもので、それによると、教育局絡みでは、ストレスや鬱、不安、パニック障害などの精神的 […]
  • サンパウロ州で黄熱病の予防接種=サンパウロ市では麻疹のキャンペーン2019年6月11日 サンパウロ州で黄熱病の予防接種=サンパウロ市では麻疹のキャンペーン  サンパウロ州とサンパウロ市が10日~7月12日の予定で、予防接種キャンペーンを始めた。双方とも、29日(土)が病気撲滅のためのXデー(ポ語ではDia D)で、保健所も8~17時に開業する。  サンパウロ州のキャンペーンの対象は黄熱病だ。州内の黄熱病の予防接種実施率は71・6 […]