ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市名物映画館=ベラス・アルテスに二度目の閉鎖の危機=スポンサー企業の降板で

サンパウロ市名物映画館=ベラス・アルテスに二度目の閉鎖の危機=スポンサー企業の降板で

 サンパウロの繁華街、パウリスタ大通りとコンソラソン街の角にある、市内有数の名物映画館「ベラス・アルテス」が2度目の閉鎖の危機を迎えている。
 ベラス・アルテスは1943年に「シネ・リッツ」としてオープンし、5年後に「シネ・トリアノン」と改名。67年に「シネ・ベラス・アルテス」の名となった。
 1982年には火災に遭ったが、83年には、米国などと競っていたフランスの有名映画配給会社「ゴーモン・ベラス・アルテス」が経営権を得て、フランスやイタリアなど、ヨーロッパで評判となった映画を提供。質の高い映画を上映する専門の映画館として、映画マニアから一目置かれる存在となった。
 また、同館は他の映画館が行わない、「人気映画の例外的長期上映」を行うことでも知られ、人気作故に1年半上映した作品もあったほどだ。
 だが、90年代に入ると人気に陰りが見られ、一時的に閉鎖の憂き目を見た。2004年に映画監督のアンドレ・ストゥルム氏(後のサンパウロ文化局長)が陣頭指揮をとってHSBC銀行をスポンサーにつけるなどして延命をはかったが、2011年にスポンサーシップを失い、ビルの賃貸料が払えず閉鎖した。このときは、多くのサンパウロの映画ファンが閉鎖に反対した。
 だが2014年5月、ベラス・アルテスはサンパウロ市と連邦貯蓄銀行の協賛を得る形で新装開店。「映画マニアの行く映画館」の座は、比較的近くにあるレゼルヴァ・クウツラルやイタウ・シネマ・アウグスタには一歩譲りつつも、それでもこだわりのセレクションや他の映画館で上映の終わった評判の映画を公開し続けるなどして、好評を博していた。
 だが、この1月、連邦貯蓄銀行は3月いっぱいでスポンサーを降りることを発表した。
 皮肉にもそれは、前述のストゥルム氏がサンパウロ市の文化局長を辞任し、「文化への支出削減」を公約に掲げていたボルソナロ大統領の治世の開始とも重なってしまった。
 ビルの賃貸料は1カ月で200万レアル近く、これをまかなえるスポンサーが出てこないと、ベラス・アルテスの今後も危うい。(1月28日付サンパウロ市公式サイトならびに26日付フォーリャ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年10月14日 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  11月15日投開票でブラジル各市町村の首長と議会(議員)の選挙が行われます。  4年に1度の今回の選挙は、新型コロナウィルスのパンデミック下での選挙なので、集会などの選挙運動は行われず、従来と相当異なった選挙結果が出ると思われます。  私共に身近なサンパウロ市議会 […]
  • サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス2020年10月10日 サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス  9日、全国で市長選の選挙放送が始まった。投票日の3日前まで毎日テレビとラジオで放送される、投票者への影響力が強い放送の開始で、選挙戦がどう変わっていくかが注目されている。9日付現地紙が報じている。  選挙放送は、9日から11月12日まで続けられる。放送が行われるのは […]
  • 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に2020年10月8日 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に  サンパウロ市市長選に伴う恒例のテレビ候補者討論会が続々にキャンセルされており、支持率1位のセルソ・ルッソマノ候補(共和者・RP)以外の候補者を苛立たせていると、7日付現地紙が報じている。  討論会のキャンセルは、9月28日にSBT局がコロナ禍を理由にキャンセルと発表 […]