ホーム | 日系社会ニュース | リオ総領事館、カーニバル参加者に注意喚起

リオ総領事館、カーニバル参加者に注意喚起

 在リオ・デ・ジャネイロ日本国総領事館(星野芳隆総領事)が、リオのカーニバルに参加する日本人や日系人に対し注意を呼びかけている。
 主な注意喚起は次の通り。(1)ブロッコの参加や観覧にあたっての警戒。(2)カーニバルのメイン会場(Sapucai)周辺における警戒。(3)イパネマ海岸やコパカバーナ海岸等の海水浴場周辺における警戒。(4)犯罪に遭遇した際、決して抵抗しないこと。
 なお、2018年のリオ市の犯罪発生件数は、殺人が1327件で1日あたり4件起きており、強盗は12万1235件で1日あたり332件起きている状況。渡航の際には、くれぐれも注意を。

image_print

こちらの記事もどうぞ