ホーム | コラム | 特別寄稿 | 武本文学賞終了、その前後の弁=ブラジル日系文学会会長 編集長 中田みちよ

武本文学賞終了、その前後の弁=ブラジル日系文学会会長 編集長 中田みちよ

武本由夫

武本由夫

 「コロニア詩文学」の生みの親といわれた武本由夫が死去したのは1983年1月である。それから、時をおかずに「武本文学賞」が設置された。そして、本2019年3月の「第36回」をもって、「武本文学賞」は終了する。
 かなり以前から、日系文学はどちらかといえば、まだ生存している文学愛好者の書き手を鼓舞するために継続してきた色合いがつよい。
 会員の老齢化で、毎月のように、残念ながら字が読めなくなった、雑誌をたのしみにしていた老父や老母が死亡した、のしらせがとどく。子弟はブラジルでの高学歴者でも、日本語の読み書きはできない。移民社会が110年をへれば当然の姿であろう。 
 悩みながら、現在、会長の任にあり、編集を担っている私が幕引き役をやらざるを得ない。ありていにいえば、誰も最後の幕は引きたくないものであるが、きっちり、幕を下ろそうと考えた。
 ブラジルは「海外最大の日系社会」といわれるが、日本語の読み書きが可能、あるいは日本語で書ける人口ははなはだしく減少している。そんななかで、日系社会にはブラジル日本文化福祉協会の「文芸賞」と弊誌の「武本文学賞」が、応募者がへっていくことを嘆きつつ併存してきた。
 そこで、私たちは、まず文学賞の一本化を目指して(少人数を分け合う愚はよす)、いくども話し合いの場をもった。これは文協側の意志でもあり、そして、後援する「宮坂国人基金」のつよい希望でもあった。
 武本文学賞の名称には、現在「ブラジル日系文学」の役員である武本由夫次男の憲二氏が、「武本文学賞が36年間も継続してきたことで、父の遺志は十分果たされたと思う」とのべ理解を示した。
 したがって、今後、日系社会は唯一の文学賞(名称に関してはこれからすりあわせる)をもつことになる。弊誌における常連の応募者には、新しい文学賞を盛り上げてほしいと願っている。また、おそらく弊誌の選考委員諸氏もそのまま継続することになるであろう。
 さしあたって、弊誌主催の文学賞がなくなるだけで、雑誌そのものに変化はなく,発行は継続される。ただ、私は80歳を目前に控えて肉体的(緑内障)にもむりがきて、好きだからだけでは継続が困難になってきていた。
 すると、ポルトガル語ページの役員たちが、1966年の「コロニア文学」時代から考えればおよそ53年、同人誌として愛好者によって継続してきたものをここで終了するのはあまりに惜しいと、選手交替をかってでてくれた。
 したがって、雑誌は継続する予定である。徐々に、横文字の作品がふえていくであろうが、とりあえず、1~2年は現状維持の形がつづくと思われる。
 個人的には何年か前から翻訳に力を入れてきたのにも、その含みがあってのことである。若手のポ語作家を育成し、その作品を日・ポ語で発表する場として誌面を提供する。彼らは自分の作品が日本語になることを想像以上に喜びもする。ポルトガル語を自由闊達に駆使した優秀な作品がでてほしい。カズオ・イシグロもまた夢ではない。
 当事者としては、何らかの形で「ニッケイの文学」が継続されれば、本懐である。文学そのものは、言語を選ばないのものだからだ。その引き継ぎ役としての任が私の立場であったと自覚している。今後とも、関係者諸氏の惜しみない声援を期待してやまない。(2019年3月記)

(※第36回武本文学賞は3月24日、午後2時から、例年通り宮城県人会で開催する。会員のみならず、文学好き諸氏の出席をまち、カクテルパーテイを開催するもので、ぜひご出席ください)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]