ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》社会保障制度改革に不安感=今年最高のドル高水準に

《ブラジル》社会保障制度改革に不安感=今年最高のドル高水準に

サンパウロ市株式取引場内の様子(参考画像・Caliel Costa)

サンパウロ市株式取引場内の様子(参考画像・Caliel Costa)

 世界経済の停滞懸念と、国内の社会保障制度改革進展への不安感が重なり、7日の為替相場は1ドル=3・886レアルで取引を終え、今年最高のドル高水準になったと、8日付現地各紙が報じた。同日の株式相場は前日比0・13%高の、9万4340・17ポイントだった。
 ボウソナロ政権は、市場から早期の社会保障制度改革実現を半ば義務付けられている。しかし、政府案が不評な事、安易な妥協姿勢を見せ始めた割に賛成を固めたわけでもない事、さらに、大統領のわいせつ動画投稿問題の騒動に市場が危機感を募らせた事が、レアル安、ドル高に繋がったと見られている。8日付現地紙などは、「市場と政権の蜜月時代の危機」とまで評した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ