ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ政権で軍人がネット調整役に就任=相次ぐネット上の騒動後に

《ブラジル》ボウソナロ政権で軍人がネット調整役に就任=相次ぐネット上の騒動後に

 11日、ボウソナロ大統領が、大統領府のネット関係のコーディネーターとして、軍人のジジオ・ペレイラ・デ・カンポス氏を指名した。12日付ブラジル国内紙が報じている。

 11日付の連邦政府の官報に掲載されたところによると、カンポス氏は大統領府社会通信局宣伝プロモーション部で「国際コミュニケーション」と呼ばれる新しい部署に就く。この部署は社会ネットワーク全般を監視する役目を担うという。

 ボウソナロ大統領の過度のツイッター依存と、ネット関係を取り仕切っていた次男カルロス氏の連邦政府への口出しは、かねてから側近が問題視していたもので、対策が必要とされていた。

 大統領はカーニバル期間中、自身のツイッターで放尿ビデオを拡散して国際的に問題となった。また、その後も、フェイクニュースを信じて「エスタード紙の記者がフラヴィオを不正で陥れ、私の政権を揺るがそうと企んでいる」とツイッターで発信し、メディアの反論にあっていた。

 そうしたことから、大統領所属の社会自由党の下議で、議会政府リーダーのジョイセ・ハッセルマン氏からは、「ネットでのトーンを下げていただきたい」との苦言も飛び出していた。

 なお、カンポス氏が管轄するのは大統領府が管理する連邦政府のネット関係で、大統領の個人アカウントではない。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 人文研=川添博さんがZOOM講演=長崎の被爆の歴史を深堀り=参加者と『長崎の鐘』歌合唱2020年9月16日 人文研=川添博さんがZOOM講演=長崎の被爆の歴史を深堀り=参加者と『長崎の鐘』歌合唱  サンパウロ人文科学研究所(モラレス松原礼子理事長)は、ブラジル長崎県人会(森繁親会長)、ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)と共催し、9月26日19時30分より長崎被爆75周年オンライン講演会「75年・長崎・カーニバル・ブラジルから平和の歌を」をZOOMで行う事 […]
  • 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も2020年7月28日 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も  新型コロナウイルスの影響により、年越しイベント(レヴェイオン)やカーニバルのようなサンパウロ市やリオ市に代表される大型イベントの開催が、続々と中止や延期になっている。25~27日付現地サイトが報じている。  年越しイベント「レヴェイオン」に関しては、サンパウロ市のパ […]
  • 東西南北2020年7月23日 東西南北  サンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)に出場するエスコーラ・デ・サンバ(サンバチーム)が「来年のカーニバルは5月に開催してほしい」と、主催者である市に希望していることがわかった。通常は2~3月。20日にスペシャル・グループに属するチームの連合会「LIGASP」の会合 […]
  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲2020年7月17日 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲  保健省による16日晩発表で、新型コロナウイルスの感染者数が200万人を超えた。1日の感染者数は4万5403人(計201万2151人)、死亡者数は1322人(計7万6688人)となり、依然として米国についで世界2位だ。現在に至るまでの2カ月間、正式な保健大臣は任命されず […]