ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領選=現状ではボウソナロ有利=16年ぶりについた大差=今後のカギは討論会参加か=ハダジはPSDB左派取り込み

《ブラジル》大統領選=現状ではボウソナロ有利=16年ぶりについた大差=今後のカギは討論会参加か=ハダジはPSDB左派取り込み

10日のボウソナロ氏(Fernando Frazão)

10日のボウソナロ氏(Fernando Frazão)

 大統領選の決戦投票は、現状では7日の一次投票で有効投票の46%台の支持を得たジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)が、同じく29%台だったフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)をかなりリードしている状況だ。11日付現地紙が報じている。

 10日に発表されたダッタフォーリャの世論調査では、決戦投票においてはボウソナロ氏が有効投票の58%を獲得するという結果が出た。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ