ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 明日14日は、ブラジルのみならず、国際的な話題にもなったマリエーレ・フランコ氏の殺害事件からちょうど1年。その1周年まで2日残した12日に、実行犯と疑われている容疑者2人が逮捕された。先日のリオのカーニバルのパレード(デスフィーレ)ではマリエーレ氏へオマージュを捧げたエスコーラが圧勝するなど、改めて世間の関心が高まった上、週末の報道番組でも、元秘書の「まだ犯人が捕まらないなんて」との悲痛な訴えが話題となるなどの機運にも後押しされたのか。逮捕の報を受けた遺族や未亡人のモニカ・ベニシオさんの安堵の表情を見る限り、大きな進展があったと見ていいだろう。殺害計画の真相解明に早くつながれば。

     ◎

 昨年の大統領選で3位だったシロ・ゴメス氏が11日、次回22年の大統領選に関し、「それが所属政党(民主労働党・PDT)の意向であるならば」と慎重な言い方をしつつも、「出馬するまでに100回は考えることになるよ」と意欲を示している。昨年の選挙期間中はボウソナロ氏を手厳しく批判していたシロ氏は、現在も、大統領は「13歳の子供みたいだ」と批判。「この国で起こっていることを理解している若者たちを助けたい」と語っている。

     ◎

 サッカーのリオの名門、ヴァスコ・ダ・ガマの名物会長として知られたエウリコ・ミランダ氏が12日、癌のために死去した。74歳だった。70年代からヴァスコの運営幹部を務め、ロベルト・ジナミチやロマーリオなど、国を代表するストライカーを輩出。大きな葉巻がトレードマークで、豪放な性格でも有名だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年2月12日 東西南北  10日のサンパウロ大都市圏での大雨は、至るところで市民生活に大きな影響をもたらした。雨の影響は土砂崩れなどによる直接的な被害だけではなく、交通渋滞で数時間も車の中で待たされることになった人や、CPTMやバスの運行が滞ったことで通勤や通学に支障が生じ、欠勤などを余儀なくされた人 […]
  • 東西南北2019年3月1日 東西南北  今日1日深夜から、2夜連続で、サンパウロ市カーニバルのスペシャル・グループのパレード(デスフィーレ)が行われる。会場はおなじみの北部アニェンビのサンボードロモだ。初日の注目エスコーラは、昨年、一昨年と2年連続覇者のアカデミコス・タトゥアペーで、2日3時35分に登場。その他の強 […]
  • 県連代表者会議=日本祭りの準備が着々と進行=役員シャッパ提出は15日まで2020年3月14日 県連代表者会議=日本祭りの準備が着々と進行=役員シャッパ提出は15日まで  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「2月度代表者会議」が先月27日、文協ビル内の県連会議室で行われた。谷口ジョゼー眞一郎実行委員長から第23回日本祭りの準備状況が発表された。また、今月行う役員改選のシャッパ提出期限も通知された。  谷口実行委員長は、日 […]
  • 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき2020年2月28日 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき  24日朝、コラム子がツイッターを眺めていると、突然、日本の知人から連絡が入った。「ポルトガル語で興味深いニュース記事をネットで見つけたのだが、言葉がわからないので教えてくれ」とのことだった。  それはサンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)で、エスコーラ、ア […]
  • カーニバルのパレード=サンパウロ市もリオも政治批判相次ぐ=直接的なボウソナロ批判も=人種、環境、LBGTまで2020年2月27日 カーニバルのパレード=サンパウロ市もリオも政治批判相次ぐ=直接的なボウソナロ批判も=人種、環境、LBGTまで  サンパウロ市で21日~23日の2夜、リオで23~25日の2夜にかけて行われたカーニバルのパレード(デスフィーレ)で、ボウソナロ大統領や同政権の政策を批判する内容のものが相次ぎ、物議を醸している。22~5日現地紙、サイトが報じている。  カーニバルのデスフィーレで社会 […]