ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 12日、ブラジルのネットでは「コインシデンシア(奇遇)」という言葉が飛び交った。それは本面でも報じたように、マリエーレ・フランコ氏を殺害した容疑者の一人はボウソナロ大統領の隣人で、互いの子供が交際していると警察が発表してしまったことと、もう一人の容疑者がボウソナロ氏と写真に写っていることを受けたものだ。ボウソナロ家に関しては、以前から、マリエーレ氏を殺害したと目されていたミリシアと長男フラヴィオ氏との関係が囁かれるなどしていたが、これで拍車がかかりそう。これが単なる「奇遇」で終わるか、さらにまた新しいものが加わるのか。大いに気になるところだ。

     ◎

 このところ、リカルド・ヴェレス・ロドリゲス教育相と、「グル」の呼び名で知られ、ボウソナロ一家にも影響を与えてきた極右の思想家、オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏との対立が話題を呼んでいる。ヴェレス教育相はそれまでに7人のオラーヴォ派官僚を免職させてきたが、12日には教育省ナンバー2のルイス・アントニオ・トッツィ氏まで解任。内部がゴタゴタになっている。こんな状況で、一番肝心な国の教育事業がほったらかしにされないか、心配だ。

     ◎

 12日のサッカーのリベルタドーレス杯のグループリーグで、パルメイラスは本拠地のサンパウロ市アリアンツ・パルケでの対メルガール(ペルー)戦を3―0で圧勝し、2連勝。中国リーグMVP経験のあるグラールの得点などで、2試合で5得点、無失点と強さを見せ付けている。次節は4月2日、敵地アルゼンチンでのサンロレンソ戦だ。

 

 

 

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ2019年3月20日 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ  3月下旬の国際マッチデーウィークは、世界中の代表チームが一斉に親善試合を行う。  ブラジル代表は3月23日にパナマ戦(ポルトガル、ポルト)、26日にチェコ戦(チェコ、プラハ)の2試合を戦う。  6月にコパアメリカを控えている南米諸国は全て、大会前の貴重な機会として […]
  • 東西南北2019年3月26日 東西南北  サンパウロ州保安局の最新データによると、乗り物を利用していた際の性犯罪が急増しているという。2018年と2017年では共に241件と動きはなかったが、2008年の66件と比べると、約3・6倍となっている。昨年の場合、最も多かったのが「痴漢」の132件で、51件が強姦行為、38 […]
  • 東西南北2019年3月23日 東西南北  21日、ボウソナロ大統領は64歳の誕生日を迎えた。多忙な大統領は米国訪問後、誕生日にチリに発った。その忙しい最中、ボウソナロ氏は自身のフェイスブックで動画を介し、やはり21日の「世界ダウン症の日」に関する生中継メッセージを送った。だが、ここ連日、何かと失態の多い大統領は、ここ […]
  • 東西南北2019年3月16日 東西南北  ここ連日報じているサンパウロ大都市圏スザノ市の州立学校での無差別テロ事件は、事件から数日を経てもブラジル社会に深い爪痕を残している。その最中、海を遠く隔てたニュージーランドのクライスト・チャーチ市で、現地時間の15日に礼拝中のモスクを狙った無差別テロが発生し、50人近くが殺さ […]
  • 東西南北2019年3月19日 東西南北  13日に10人の死者を出す無差別テロが起きた、サンパウロ大都市圏スザノ市の州立校プロフェッソール・ラウル・ブラジルが、昨日18日から再開された。この日は原則的に、教職員が「生徒たちをどう迎え入れるべきか」を話し合う日で、生徒の登校は今日からだ。だが、18日も彼らが学校に入るこ […]