ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》=昨年11月にずれた高架橋の通行再開=今後も、補強工事は継続

《サンパウロ市》=昨年11月にずれた高架橋の通行再開=今後も、補強工事は継続

橋げたがずれた当時の高架橋(Secom)

橋げたがずれた当時の高架橋(Secom)

 昨年11月15日の未明にサンパウロ市西部のマルジナル・ピニェイロスの高架橋が2メートルもずり落ちてから4カ月。この間通行止めになっていた、マジルナル・ピニェイロスの高速車線が16日に通行再開となったと、17、18日付現地各紙が報じた。

 段差が生じたのはヴィラ・ロボス公園付近にある高架橋で、サンパウロ市が予定していた18日よりも2日早い通行再開となった。当初は軽量車両のみの通行を再開させる予定だったが、強度を測定した技師が、重量車両にも耐えられるとしたため、無制限での通行再開となった。

 通行再開を告知したサンパウロ市長のブルーノ・コーヴァス氏は、「強度テストの結果は、通行再開を18日まで待つ必要はなく、今日(16日)にも通行再開可能というものだった。また、通行は乗用車だけでなく、トラックも大丈夫ということも明らかになった」と語った。

 通行再開後、最初に橋の上を通行したのはコーヴァス市長の公用車で、その後は軍警車両、サンパウロ市交通工学公社(CET)の車両が続いた。

 橋の修復工事は完全に終了したわけではない。市は、橋の更なる強化工事の受注業者を4月12日に発表する予定だ。この工事は、橋の利用と並行して行われる。

 修復、強化工事の総費用は2650万レアルだ。コーヴァス市長は「橋を壊して再び造る場合より、60%以上安くなった」と語っている。

 橋の再開により、マルジナル・ピニェイロスのカステロ・ブランコ道方面行き(一部区間)で停止されていた連番制通行禁止措置(ロジージオ)は、25日から再開となる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも2021年5月15日 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも  ブラジル・サッカー協会は14日、6月のW杯南米予選第5、6節に出場する代表選手24人を発表した。14日付現地サイトが報じている。  今回の代表選手は以下のとおりとなった。  《キーパー》アリソン(リバプール)、エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン( […]
  • 《サンパウロ市》人種差別や大量殺戮批判デモ=奴隷解放令署名日にちなんで2021年5月15日 《サンパウロ市》人種差別や大量殺戮批判デモ=奴隷解放令署名日にちなんで  南米最大の金融街サンパウロ市パウリスタ大通りで13日夜、人種差別や大量殺戮などに対する抗議デモが行われたと同日付現地サイトが報じた。  5月13日は、1888年にペドロ2世の娘のイザベル王女が奴隷制の完全廃止を宣言する「黄金法(Lei […]
  • 《ブラジル》コロナバック=原材料未到着で生産中断=接種計画さらに遅れるか2021年5月15日 《ブラジル》コロナバック=原材料未到着で生産中断=接種計画さらに遅れるか  サンパウロ市ブタンタン研究所のコロナバックの製造が、中国からの有効成分(IFA)の到着遅れで完全に停止した。それにより、コロナワクチンの接種計画の減速などの悪影響が出そうだと、14日付現地サイトが報じている。  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は14日の記者会見で、「良い […]
  • 東西南北2021年5月15日 東西南北  このところ、警察による暴力が再び注目を集めているが、サンパウロ市でも、「正当と呼べるかは微妙」な警察による暴力事件が発生し、話題を呼んでいる。それは今月1日、サンパウロ市南部グラジャウーで、警察官が一般市民の足を縛り、パトカーの中に閉じ込めて殴る蹴るの暴力事件を起こしたことだ […]
  • 特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《3》2021年5月15日 特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《3》  当時サンパウロ州奥地に入植した日本人移住者で文学を愛好し詩を作った人達があった。その詩の題材に綿花にかんするものが多かった。『日系コロニア文芸』別巻(大浦文雄・ルネ田口氏編)の「人文研研究叢書8号」に紹介された内容によると、横田恭平・丁未子・堀田野情・別府三郎・中井は […]