ホーム | コラム | 樹海 | 選挙は為政者への評価の場

選挙は為政者への評価の場

新型コロナとトランプ氏の支持率との関係について報じたエスタード紙の記事

新型コロナとトランプ氏の支持率との関係について報じたエスタード紙の記事

 米国大統領選は開票中だが、トランプ氏が早々と「再選」を宣言。祝辞を述べた国家首脳も出ているが、欧州諸国は「正式な結果を待つ」という姿勢を打ち出している。
 ボルソナロ大統領は今回の米国選挙は22年の大統領選の布石になると見、開票結果がブラジルとの関係も左右するという考えを表明。(バイデン氏が当選すれば)「自由が脅かされる」という発言まで行っている。
 だが、モウロン副大統領は「国と国の関係が大統領次第で変わるはずがない」と発言。新型コロナワクチン問題で「最初に承認したものを買うのは当然」と発言したのに続く大統領発言否定と見る人の中では反対派リーダーとの声が強まった。
 選挙は現在の為政者への評価の場でもあり、正しい意味での論議や批判は歓迎されるべきだ。
 だが、米国では、バイデン陣営の候補のバスをトランプ氏支持者の車がとり囲み、幅寄せ運転などを行ったため、同候補が集会を中止する事態などが発生。両陣営支持者が殺傷事件寸前の状態に陥る場面も起きた。
 米国のような民主主義国家で、暴力で相手を脅し、期日内に投函された投票用紙の有効性を否定すると騒いだりするのは驚きだ。
 ちなみにブラジルでは、10月26日までに市長・市議選の候補者などが76人殺されている。先日も市議候補の車が蜂の巣にされ、候補者本人も負傷という事件が起きた。一部の市では犯罪組織が選挙に関与しているとの話もある。
 トランプ氏の支持者達は熱狂的で、投票日直前の集会でもマスクを着けずに叫ぶ人が圧倒的に多かった。一方で、新型コロナの死者が多い地域ではトランプ氏の支持率が低いという話は、ワクチン問題などでボルソナロ氏の評価が低い都市で、大統領が支援する候補が軒並み沈下という結果とも重なる。表立って語らなくても、国民は見ている。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》12月から電気代値上がり=追加料金徴収を突如再開2020年12月2日 《ブラジル》12月から電気代値上がり=追加料金徴収を突如再開  国家電力庁(Aneel)が11月30日、12月1日から電気代の追加料金徴収を再開すると発表したと同日付現地サイトが報じた。  同庁は5月26日、新型コロナのパンデミックで電力消費が落ち込んだ事を理由に、年内は電気代の追加料金を徴収しないと発表していたが、今回は、状況 […]
  • 東西南北2020年12月2日 東西南北  57市で市長選の決選投票が行われた翌日の11月30日、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事が、サンパウロ州のコロナウイルスによる外出自粛規制を黄レベル(5段階中3段階目)に厳格化すると宣言した。これに関する州民の反応は、「予想通り」という感じで特に驚きもなかった。規制されたとは […]
  • 【特別寄稿】コロナ明けに行きたい博物館=コーヒーの歴史と魅力堪能=サンパウロ・ヴィラカロン在住 毛利律子2020年12月2日 【特別寄稿】コロナ明けに行きたい博物館=コーヒーの歴史と魅力堪能=サンパウロ・ヴィラカロン在住 毛利律子 案外難しいコーヒー作り  ニッケイ新聞11月14日号に、カフェ・ファゼンダ・アリアンサ社の新商品「ドリップバッグ・コーヒー」のことが紹介された。私は幸運にも、この記事より一足先に商品を味わい満喫している。早速、その会社のネットサイト(https://cafefaz […]
  • 特別寄稿=『余は至高の総統なり』出版へ=翻訳後に幾多のハードル= パラグァイ在住 坂本邦雄2020年12月2日 特別寄稿=『余は至高の総統なり』出版へ=翻訳後に幾多のハードル= パラグァイ在住 坂本邦雄  私は、特技としての西語から日語及び、逆に日語から西語の両翻訳業を長らく、移住事業団(JICA)、搾油会社(CAICISA)や、最後は住友商事のサラリーマン時代に、副業の様にしてやってきた。  そのためには、古くからアスンション市の最高裁判所において、公証翻訳人の登録 […]
  • 《ブラジル》コロナ重症でも市長当選=息子の知らせに涙をこぼす2020年12月1日 《ブラジル》コロナ重症でも市長当選=息子の知らせに涙をこぼす  11月29日に行われた統一地方選の決選投票で当選した市長の一人は新型コロナに感染して重症化し、1カ月以上入院しているが、そんな状況でも当選を果たし、息子からの知らせに感涙をこぼしたという。  新型コロナ感染症で闘病中なのは、ゴイアス州州都のゴイアニア市長に当選したマ […]