ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 今年もあと2週間を切ったが、サンパウロ市民にとって年明けに気がかりなことの一つはバス代の値上げだ。昨年は3・8レアルから4レアル、今年も4レアルから4・3レアルに値上がりしており、来年はいくら上がるかとビクビクしている人もいるが、アゴラ紙によると、市は0・10レアルの値上げ、つまり4・40レアルを新料金として考えているという。サンパウロ市のバス料金が上がれば、それに合わせてサンパウロ州も地下鉄やCPTMの料金を上げるのが慣例だ。予想通りの金額になった場合、0・40レアルを小銭で準備せねばならず、より面倒にもなる。現金で利用している人には、ビリェッテ・ウニコに移行する時期かもしれない。
     ◎
 フラヴィォ・ボルソナロ上議のラシャジーニャ疑惑が、ここ数日、ブラジルのニュースをにぎわせている。その最中の18日、セルジオ・モロ法相が「今年は汚職スキャンダルがなく、連邦政府にとっては良い年だった」と悪いタイミングで声明を出してしまい、話題となっている。法相の言葉とは裏腹に、フラヴィォ氏以外にもマルセロ・アルヴァロ・アントニオ観光相が幽霊候補疑惑で揺れたし、自身のヴァザ・ジャット報道はじめ、贈収賄以外のスキャンダルも多かった気がするが。
     ◎
 21日(土)はカタールのドーハで、サッカーのクラブW杯の決勝戦、リヴァプール対フラメンゴ戦が行われる。フラメンゴにとっては38年ぶりの世界一の栄冠がかかった試合だが、ブラジルにとっても、2012年のコリンチャンス以来の世界一がかかっている。試合はブラジリア時間の14時30分から。
写真)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」2020年6月2日 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」  5月31日、サンパウロ市パウリスタ大通りで反ファシズムを訴える平和的なデモ行進が行われたが、ボルソナロ大統領支持派の乱入により、大混乱が生じた。このところ、ボルソナロ大統領やフェイクニュース(FN)捜査の対象となった人物による、ファシズム、ナチス的な挑発的行為が相次い […]
  • 東西南北2019年10月16日 東西南北  15日のPSL党首ルシアノ・ビヴァール氏への連警による家宅捜査は、同氏とボルソナロ大統領の仲を決定的に引き裂く原因になりかねない。一部情報によると、大統領長男のフラヴィオ上議、三男のエドゥアルド下議がボルソナロ氏のPSL残留に向けて工作をはじめているなどの報道もあった矢先。政 […]
  • 東西南北2019年6月25日 東西南北  サッカーの女子W杯でブラジル代表は敗退してしまったが、男子代表は22日、コパ・アメリカで無難に決勝トーナメント進出を決めた。この日のペルー戦では、前試合のベネズエラ戦でゴールを3本無効にされた挙句に引き分け、散々批判されたうっぷんを晴らすかのように、前半から攻めに攻め、終わっ […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=独断と偏見でボルソナロ新政権占う=期待できるか、2019年!2019年1月9日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=独断と偏見でボルソナロ新政権占う=期待できるか、2019年! 【深沢】さてさて、今年も年末座談会の季節がやってきました。  去年末の大統領選挙予想の座談会は、みんな見事に大外しで、ある意味〃的中〃させたのは井戸君だけ(涙)。といっても「最悪の場合それもあり得るのは」というもので、結果的にそれが的中でした。 【井戸】いえ、僕の予 […]