ホーム | 日系社会ニュース | 「ぶらじる丸」同船者親睦会=平均80歳、27人が交流

「ぶらじる丸」同船者親睦会=平均80歳、27人が交流

59年経ち幸せな人生だと語りあう参加者ら

59年経ち幸せな人生だと語りあう参加者ら

 1960年3月13日サントス港に到着した「ぶらじる丸」の同船者会、『第8回「ぶらじる丸」同船者親睦会』が13日にサンパウロ市リベルダーデ区の群馬県人会館で開催された。今年もパラナ州、ミナス・ジェライス州から27人と昨年より7人多く集まり、親睦を深めた。

 今年は59年目を迎えた同会。大きな夢と希望を胸にロマンを求めて渡伯した青年らは平均年齢80・2歳になった。

 当日は皆で人生を語り合い、「移民としてブラジルに来て良かった」と口々に述べた。また、参加者の1人は、子供3人、孫6人、1キロ以内に4家族14人が住んでおり「毎日孫と話し合いって幸せだ」と微笑んだ。

 余興では、ほら吹き大会、ビンゴ、移民としての体験発表、くじ引き大会等を行い、楽しい1日を過ごした。

 来年は来伯60周年の還暦。「健康に留意し、来年もこの会に出席しましょう」と約束しあった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」2020年7月1日 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」  「コロナ禍により3月中旬から自宅待機の指示が出て、そのまま4月に定年退職という運びになり、ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。在職中にお世話になった日系社会各種団体や個人の皆様にこの場を借りて心から御礼と感謝を申し上げたいと思います」――サンパウロ日伯援護協会の足 […]
  • 援協=前園次長が事務局長代理に=コロナ皆無だが施設で膨らむ経費2020年6月26日 援協=前園次長が事務局長代理に=コロナ皆無だが施設で膨らむ経費  日伯援護協会(援協、与儀上原昭雄会長)の足立操事務局長が70歳になったために、4月13日をもって定年退職した。それに伴って前園マルセリーノ武弘事務局次長(58、二世、ブラガンサパウリスタ出身)が「事務局長代理」に昇格した。  コロナ禍の影響で足立元事務局長は、3月か […]
  • 在日ブラジル人30人を表彰=日伯国会議員連盟が慶祝=根を張り両国の絆強めた人々2020年6月23日 在日ブラジル人30人を表彰=日伯国会議員連盟が慶祝=根を張り両国の絆強めた人々  日伯国会議員連盟(麻生太郎会長)が、海外移住の日と日系ブラジル人定住化30周年を記念した表彰式を18日15時から、衆議院第二議員会館1階(東京都千代田区)で行った。当日は関係者が集まり、幅広い分野で活動して日本社会へ貢献した在日日系ブラジル人30人の功績を称えた。19 […]