ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》チケット争奪戦で長蛇の列 伝説のアイドル、サンディ&ジュニオルの復活コンサートにファン血眼

《ブラジル》チケット争奪戦で長蛇の列 伝説のアイドル、サンディ&ジュニオルの復活コンサートにファン血眼

 ブラジル音楽史上でも有数の人気アイドル・デュオ、サンディ&ジュニオルが12年ぶりの再結成コンサートを行うことになり、チケット獲得のため、長蛇の列ができて、話題を呼んでいる。

 サンディ&ジュニオルは、姉サンディ(1983年生まれ)と弟ジュニオル・リマ(1984年生まれ)の姉弟によるデュオ。二人は1990年、ふたりがそれぞれ7歳と6歳のときにレコード・デビューするなど、早熟な活動をはじめていたが、1999年に発表したアルバム「アス・クアトロ・エスタソンエス」が250万枚の記録的なビッグ・ヒットを記録。これにより、国民的なアイドルを決定的なものとした。

 以後、出す曲出す曲をヒットさせていたが、2007年に解散。その後はソロに転じていた。

 だが、この3月、2人は再結成を宣言した。理由は、2人がはじめてテレビでサンディ&ジュニオルとして歌を披露してからの30周年を記念してのものだ。「ノッサ・イストリア(私たちの歴史)」と銘打たれた再結成ツアーは、全国10都市12公演(リオとサンパウロのみ2公演)で、6月から8月に行われることになった。

 チケットは各公演地で発売されはじめたが、このチケットをめぐり、販売本部の前で徹夜をして並ぶ人が続出していることが、テレビのニュース番組をにぎわせている。

 こうした光景は、コンサート・チケットを比較的のんびりと、あわてずに買うことが多いブラジルではきわめてめずらしいことだ。

 8月24日にコンサートが開かれるサンパウロでは、特定銀行カード所有者に対する先行発売が20日にはじまったが、午前10時の発売開始のはずなのに、発売本部である市内中央部のパカエンブー・スタジアムのチケット売り場前には、前日の夜10時から徹夜で並び始める人が出るなど、人が殺到。その長蛇の列はマスコミをも驚かせ、長蛇の烈を写す報道写真も出回った。

 また、同時にネットでの販売も行われたが、18万人の人が殺到したという。コンサート会場のアリアンツ・パルケは4万人動員の会場なので、2公演開催でも、その倍以上の人たちが申し込んだことになる。

 また、同じく20日にリオ公演のチケットも発売されたが、こちらはあいにくの強い雨が降りしきる中での発売。それでも、チケットを求める長蛇の列に影響は出ず、多くのファンが復活コンサートへの期待に胸を膨らませながら列をなしていた。(20日付エスタード紙電子版などより)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で2021年2月26日 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で  保健所(UBS)でのコロナワクチン接種時に容器に残ったワクチンの廃棄を防ぐため、サンパウロ市保健局が60歳以上と医療従事者で事前登録した人への前倒し接種を行う事を認めたところ、好評で長蛇の列ができていると23、25日付現地紙、サイトなどが報じた。  保健局の決定は、優先グル […]
  • 《サンパウロ》「ゲームの達人」美少女を殺害=容疑者「殺人体験書いて出版」2021年2月26日 《サンパウロ》「ゲームの達人」美少女を殺害=容疑者「殺人体験書いて出版」  「ビデオゲームの達人」として有名だった19歳の女性が22日午後、ゲーマー(ゲーム愛好家)でサンパウロ市在住の18歳の少年に刺殺される事件が発生した。23、24日付現地紙、サイトが報じている。  殺害されたのは、イングリッジ・オリヴェイラ・ブエノ・ダ・シウヴァさんだ。 […]
  • 東西南北2021年2月26日 東西南北  2019年に世界ナンバーワン・ゴールキーパーに選ばれた、ブラジル代表レギュラー、アリソン(28、リバプール)と、フルミネンセの正キーパーのムリエル(34)の父親のジョゼ・アゴスチーニョ・ベッケルさん(57)が24日、リオ・グランデ・ド・スル州ラヴラス・ド・スルで溺死した。ベッ […]
  • 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり2021年2月26日 《記者コラム》ブラジル・サッカー「12強時代」の終わり 「ついに“12強時代”は終わってしまうんだな」。今季のサッカー全国選手権を終えるにあたり、コラム子はそう思わずにはいられない。  来季の全国選手権2部にはすでにクルゼイロがいて、現在1部最下位のボタフォゴが降格して名前を連ねることが確実視されており、そこにヴァスコ・ダ […]
  • 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール2021年2月26日 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール  「発表を終えた時のParabéns!の文字は忘れられません」――静岡文化芸術大学(静岡県浜松所在)の2年生でポルトガル語を学ぶ山下夏実さんは、浜松から聖市のジャパン・ハウスに向けてオンライン発表を行った達成感を、そう綴った。2月22日に日本外務省、静岡県庁、ブラジル静 […]